インフルエンザについて説明します。

最終更新日 2017年9月21日ページID 008381

印刷

目次

流行状況 

 ・福井県で流行期入りしました。NEW

 ・福井県の発生状況NEW

 ・全国の発生状況

お知らせ 

 ・インフルエンザの予防対策
 ・インフルエンザにかかったら
 ・臨床情報(医療従事者の方々へ:厚生労働省が提供する医療従事者向け疫学情報がご覧いただけます。)

リンク集

 

流行状況

福井県の発生状況

平成29年第37週(平成29年9月11日~9月17日)に流行期に入りました!NEW

インフルエンザ発生動向調査(福井県感染症情報センターNEW

 毎週水曜日午後更新予定 

 ■定点あたり患者数推移(保健所別)
 ■過去の定点あたり患者数推移はこちら (エクセルデータをダウンロード可能です)

 

全国の発生状況

  ⇒厚生労働省報道発表資料NEW
 ⇒インフルエンザ様疾患発生報告(国立感染症研究所)
 ⇒インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所)

 

お知らせ

インフルエンザ予防対策

■外出後の手洗いをしましょう。
 手洗いは手指など体に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。また、外出後の手洗い、うがいは一般的な感染症の予防のためにもおすすめします。

■適度な湿度を保持しましょう。
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

■人混みや繁華街への外出を控えましょう。
 インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方、疲労気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出をして人混みに入る可能性がある場合には、不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することはひとつの防御策と考えられます。ただし、人混みに入る時間は極力短時間にしましょう。

手洗いポスター

 

インフルエンザにかかったら

■自分の体を守り、他の人にうつさないために・・・
 1 具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。
 2 安静にして、休養をとりましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。
 3 水分を十分に補給しましょう。お茶やスープなど飲みたいもので結構です。
 4 咳・くしゃみなどの症状のある時は、周りの方へうつさないために、不織布製マスクを着用しましょう。
 5 人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。

 

みんなで予防インフルエンザ

 はぴりゅうマメゾウくんアズキちゃんコラボポスター「みんなで予防!インフルエンザ」

 ⇒今冬のインフルエンザ総合対策

 ⇒啓発ツール

 ⇒インフルエンザQ&A
 ⇒施設内感染予防の手引き

臨床情報(医療従事者の方々へ )

 

リンク集

厚生労働省(インフルエンザ対策ページ)
国立感染症研究所感染症疫学センター(インフルエンザに関するページ)
啓発ツール(ポスターやリーフレットがダウンロードできます)

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kennzou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康増進課感染症対策グループ

電話番号:0776-20-0351ファックス:0776-20-0643メール:kennzou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)