ジカウイルス感染症について説明します

最終更新日 2017年9月5日ページID 031625

印刷

・中南米を中心にジカウイルス感染症(ジカ熱)が多数報告されています。
流行国地域に渡航するときは、長袖・長ズボンの着用や、虫よけ剤の使用などの対策を実施し、蚊に刺されないように注意しましょう。
特に、妊娠している、または妊娠の可能性がある方は、流行国地域への渡航を控えましょう。

 ※世界保健機関(WHO)は、2016年3月8日、妊婦は流行地域への渡航をすべきでないと勧告しています。

 

ジカウイルス感染症とは

 ジカウイルス感染症とは、デング熱やチクングニア熱などと同様に、蚊が媒介する感染症(蚊媒介感染症)で、中南米を中心に感染が確認されています。

 詳しくは厚生労働省ホームページ「ジカウイルス感染症について」や「ジカウイルス感染症に関するQ&A」もご参照ください。

 

感染経路

 ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します(蚊媒介性)。感染したヒトから他のヒトに直接感染するような病気ではありませんが、稀に献血や性行為による感染が指摘されています。また、感染して全員が発症するわけではありません。

 妊娠中の女性が感染すると胎児に感染する可能性が指摘されていますが、その感染機序や感染時期は分かっていません。また、性行為による感染が疑われる事例が報告されていますが、十分な知見は得られていません。

ヒトスジシマカ ヒトスジシマカ(提供:国立感染症研究所)

 

症状

 軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などが主な症状ですが、症状がないか、症状が軽いことが多いため、気づかないこともあります。潜伏期間は3日から12日と言われています。

 また、2015年にブラジル保健省は「妊娠中のジカ熱感染と胎児の小頭症に関連がみられる」と発表しており、現在、詳細な調査が行われています。
 妊婦の方は、詳細な調査結果が得られるまでは、流行国地域への渡航を可能な限り控えましょう。

 

治療

 特別な治療法はなく、症状に応じた対症療法が行われます。

 

予防など

 ジカウイルス感染症に有効なワクチンはありません。

 流行国地域に渡航するときは、長袖・長ズボンの着用、虫よけ剤の使用などの対策を実施し、蚊に刺されないように注意しましょう。 

 近年、ブラジルにおいて小頭症の新生児が増えており、ジカウイルスとの関連が示唆されています。このため、妊婦の方の流行地への渡航を控えた方がよいとされています。やむを得ず渡航する場合は、主治医と相談の上で、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。

 性行為により、男性から女性パートナーへの感染伝播が疑われる事例が報告されています。
 流行地域からの帰国者は、症状の有無にかかわらず、虫よけ剤の使用など蚊に刺されないための対策を少なくとも2週間程度は特に注意を払って行うことが推奨されます。
 流行地域から帰国した男性は、症状の有無にかかわらず、最低6か月間、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることを推奨します。
 流行地域から帰国した女性は、帰国後最低6か月間は妊娠を控えることを推奨します。

 

流行地域

WHOは以下のとおり、ジカウイルス感染症の地理的分布についてカテゴリー1から4に分類しました。

厚生労働省では、カテゴリー1とカテゴリー2の地域を流行地域として注意を呼びかけています。

(平成29年7月31日時点)

WHOのジカウイルスの国別分類

カテゴリー1:2015年以降初めてまたは再び感染事例が報告され、現在も感染伝播が起きている地域


アンゴラ カーボベルデ ギニアビサウ アンギラ アンティグア・バーブーダ アルゼンチン アルバ バハマ バルバドス ベリーズ ボリビア ボネール シントユースタティウス・サバ 英領バージン諸島 コロンビア コスタリカ キューバ キュラソー島 ドミニカ国 ドミニカ共和国 エクアドル エルサルバドル 仏領ギアナ グレナダ グアテマラ ガイアナ ホンジュラス ジャマイカ メキシコ モントセラト ニカラグア パナマ パラグアイ ペルー  プエルトリコ セントクリストファー・ネーヴィス セントルシア セント・マーティン島 セントビンセント及びグレナディーン諸島 シント・マールテン スリナム トリニダード・トバゴ タークス・カイコス諸島 米国 米領バージン諸島 ベネズエラ モルディブ フィジー マーシャル諸島 ミクロネシア連邦 パラオ サモア シンガポール  ソロモン諸島 トンガ

カテゴリー2:2015年以前にウイルス伝播が確認または2015年以降新たに感染事例が報告され、中断なく感染伝播が起きている地域

ブルキナファソ ブルンジ カメルーン 中央アフリカ コートジボワール ガボン ナイジェリア セネガル ウガンダ  ブラジル ハイチ バングラデシュ インド インドネシア タイ カンボジア ラオス マレーシア パプアニューギニア フィリピン ベトナム

カテゴリー3:感染伝播は途絶えているが、将来感染伝播が起こる可能性がある地域

ケイマン諸島 グアドループ イースター島 チリ マルティニーク サン・バルテルミー島 米領サモア クック諸島 仏領ポリネシア ニューカレドニア バヌアツ

カテゴリー4:ネッタイシマカの生息が確認されているが、これまでに感染事例の報告がない地域

ベナン ボツワナ チャド コモロ コンゴ共和国 コンゴ民主共和国 赤道ギニア エリトリア エチオピア ガンビア ガーナ ギニア ケニア リベリア マダガスカル マラウイ マリ モーリシャス マヨット モザンビーク ナミビア ニジェール レユニオン ルワンダ サントメ・プリンシペ セーシェル シエラレオネ 南アフリカ 南スーダン トーゴ タンザニア ザンビア ジンバブエ ウルグアイ ジブチ エジプト オマーン パキスタン サウジアラビア ソマリア スーダン イエメン ジョージア 葡領マデイラ自治地域 ロシア連邦 トルコ ブータン ミャンマー ネパール スリランカ 東ティモール

オーストラリア ブルネイダルサラーム 中国 クリスマス諸島 グアム キリバス ナウル ニウエ 北マリアナ諸島 トケラウ ツバル ウォリス・フツナ

※最新の情報は以下のホームページをご確認ください。
 ・厚生労働省ホームページ「ジカウイルス感染症の流行地域」
 ・米国CDCホームページ「All Countries and Territories with Active Zika Virus Transmission 」

 

その他

一般の方へ

 すべての蚊がジカウイルスを保有しているわけではないため、流行国地域で蚊に刺されたことだけで過分に心配する必要はありません。
 しかし、心配な場合には、帰国された際に、空港等の検疫所でご相談ください。なお、発熱などの症状がある場合には、医療機関を受診してください。受診の際には、渡航歴や渡航先での蚊の刺咬歴について、医師に申し出てください。海外の流行地域へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。

 

医療機関の方へ

 平成28年02月15日から、「ジカウイルス感染症」が四類感染症に追加されました。しかし、届出基準を確認するための検査試薬等は一般には流通していないので、渡航歴や渡航先での蚊の刺咬歴、臨床症状などからジカ熱の可能性が考えられる患者を診察した場合には、最寄りの健康福祉センターに情報提供をお願いします。

○ジカウイルス感染症を疑う症例とは、以下のすべてに該当する症例を言います。(ただし、蚊媒介による国内発生を疑う場合は、(3)の条件は必須ではない。)
 (1)「発疹」または「発熱(※)」を認める  ※ほとんどの症例で38.5℃以下との報告があります。
 (2)「関節痛」、「関節炎」または「結膜炎(非滲出性、充血性)」のうち少なくとも1つ以上の症状を認める
 (3)下記のa)またはb)を満たす

   a)流行地域への渡航歴があり、その地域から出国後概ね12日以内に上記症状を呈している

   b)発症前概ね2~12日以内に、上記(1),(2),(3a)を満たす男性との性交渉歴がある
 (4)インフルエンザなどの鑑別疾患に該当しない

○診療の際は、「蚊媒介感染症の診療ガイドライン(第4版)」、「ジカウイルス感染症診療Q&A」をご参照ください。

○届出基準についてはこちら(福井県感染症情報)をご参照ください。

○健康福祉センター連絡先

健康福祉センター名 電話番号
福井健康福祉センター 0776-36-1116
坂井健康福祉センター 0776-73-0600
奥越健康福祉センター 0779-66-2076
丹南健康福祉センター 0778-51-0034
二州健康福祉センター 0770-22-3747
若狭健康福祉センター 0770-52-1300

 

県の対応

ジカウイルス感染症についての注意喚起

・流行国地域で蚊に刺されないための対策の実施について周知
・妊婦の流行国地域への渡航自粛について周知

体制整備

・県内でのジカウイルス感染症の発生状況の把握体制を整備
 →医療機関に対し、ジカウイルス感染症を疑う患者を診察した場合の健康福祉センターへの情報提供について依頼
 →医療機関に対し、ジカウイルス感染症の四類感染症への追加および発生届出の基準について周知
 →医療機関に対し、ジカウイルス感染症を疑う症例の要件を周知
 →医療機関に対し、蚊媒介感染症の診療ガイドラインを周知

 →医療機関に対し、ジカウイルス感染症診療Q&Aを周知
・国立感染症研究所と協力し、衛生環境研究センターでのジカウイルス検査体制を整備

情報提供・共有

・福井県感染症予防対策委員会において、ジカウイルス感染症について情報共有
・市町に対し、ジカウイルス感染症について情報提供
・平成28年12月14日 国立感染症研究所の「ジカウイルス感染症のリスクアセスメント」更新に伴い、当ホームページ内容を更新
 →WHOは、2016年11月18日、国際保健規則緊急委員会の第5回会合を開催し、同委員会の勧告を踏まえ、ジカウイルス感染症とその合併症は、もはや「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(Public Health Emergency of International Concern: PHEIC)に該当しない旨を発表した。

媒介蚊対策

・平成27年06月04日に蚊媒介感染症患者発生時の媒介蚊対策について研修・訓練を実施 (市町、健康福祉センター職員対象)
・平成27年06月26日に福井県蚊媒介感染症予防指針を作成
・媒介蚊のウイルス保有検査体制を整備

国内(県内)発生時の対応について

 平成27年06月26日に作成した福井県蚊媒介感染症予防指針に基づき対応することとしています。

 

関連通知

ジカ熱に関する情報提供及び協力依頼について(平成28年1月21日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行令及び検疫法施行令の一部を改正する政令及び検疫法施行規則の一部を改正する省令の施行について(施行通知)(平成28年2月5日付け健発0205第3号厚生労働省健康局長通知)
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)(平成28年2月12日付け健発0212第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)
感染症発生動向調査事業実施要綱の一部改正について(平成28年2月12日付け健発0212第4号厚生労働省健康局長通知)
デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き地方公共団体向けの改訂について(平成28年2月12日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)
ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年2月16日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)
・ジカウイルス感染症を疑う症例の要件について(平成28年2月24日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)
蚊媒介感染症の診療ガイドラインについて(平成28年3月11日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

  別添 蚊媒介感染症の診療ガイドライン(第2版)

ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年4月5日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年5月13日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年6月16日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

蚊媒介感染症の診療ガイドラインについて(平成28年7月14日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

  別添 蚊媒介感染症の診療ガイドライン(第3版)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成28年8月2日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年8月10日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成28年8月23日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症診療Q&Aについて(平成28年8月23日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

  別添ジカウイルス感染症診療Q&A

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成28年8月29日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起の継続について(平成28年9月1日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成28年9月3日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・台湾CDCから連絡のあったジカウイルス感染症の発生について(情報提供)(平成28年9月12日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年9月23日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・「デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き 地方公共団体向け」及び「ジカウイルス感染症のリスクアセスメント」の改訂について(平成28年9月26日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

 別添1デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き 地方公共団体向け

 別添2ジカウイルス感染症のリスクアセスメント

・ジカウイルス感染症に関する情報提供について(平成28年12月14日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・蚊媒介感染症の診療ガイドラインについて(平成28年12月14日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

 別添 蚊媒介感染症の診療ガイドライン(第4版)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成28年12月16日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成29年3月27日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・ジカウイルス感染症に関する注意喚起について(平成29年4月3日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

・「デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き地方公共団体向け」の改訂及び各自治体における平成28年度蚊媒介感染症対策の実施に関する調査の結果について(平成29年4月28日付け厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kennzou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康増進課感染症対策グループ

電話番号:0776-20-0351ファックス:0776-20-0643メール:kennzou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)