HIV曝露事故(針刺し事故等)後の感染予防薬配置について

最終更新日 2016年10月18日ページID 031563

印刷

  福井県では、「針刺し後のHIV感染防止体制の整備について」(平成11年8月30日付け、健医疾発第90号・医薬安第105号、厚生省保健医療局エイズ疾病対策課長・厚生省医薬安全局安全対策課長通知)に基づき、初回投与用の抗HIV薬を配置しています。

 HIV抗体陽性またはHIV抗体陽性が強く疑われる患者の血液・体液に曝露し、感染のリスクが高いと考えられる場合は、できる限り早急に抗HIV薬を服用することが推奨されています。

 HIV曝露事故が発生し、抗HIV薬が必要な場合は 、下記の医療機関に御連絡ください。

福井県では、HIV感染予防薬の適切、かつ円滑な利用を促進するため、「福井県HIV感染予防薬整備要領」を作成しました。

HIV曝露発生時はフローチャートを参考にしてください。

また、予防薬の提供を受ける際には、 抗HIV予防服用同意書兼予防薬投与依頼書(様式2)(PDF形式:98KB)の提出が必要です。

・福井県HIV感染予防薬整備要領(PDF形式:161KB)

・HIV感染予防薬提供窓口等変更報告書(様式1)(PDF形式:91KB)

・抗HIV予防服用同意書兼予防薬投与依頼書(様式2)(PDF形式:98KB)

・HIV感染予防薬使用管理簿(様式3)(PDF形式:86KB)

・HIV感染予防薬払出報告書(様式4)(PDF形式:77KB)

・HIV曝露(針刺し)後の予防内服マニュアル(PDF形式:168KB)

・HIV曝露発生時の予防内服フローチャート(PDF形式:346KB)

・内服のための説明書(PDF形式:122KB)

・曝露(針刺し)に対する抗HIVウイルス予防内服の基準表(PDF形式:319KB)

・HIV感染予防薬提供窓口リスト(PDF形式:97KB)

 

医療機関名 所在地

診療時間内

窓口

電話番号

土日祝日・夜間

窓口

電話番号

福井大学医学部附属病院

〒910-1193

福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3

9:00-17:00

薬剤部

0776-61-3111

(内線6326)

17:00-9:00

薬剤部

0776-61-3111

(内線6326)

中核拠点病院
福井県立病院

〒910-8526

福井県福井市四ツ井2-8-1

救急外来

0776-54-5151

同左 拠点病院

独立行政法人国立病院機構

敦賀医療センター

〒914-0195

福井県敦賀市桜ヶ丘町33-1

感染防止対策室

0770-25-1600

同左 拠点病院
福井赤十字病院

〒918-8501

福井県福井市月見2丁目4-1

8:30-17:00

感染防止対策室

0776-36-3630

17:00-8:30

救急外来

0776-36-3630

協力病院

杉田玄白記念公立小浜病院

〒917-8567

福井県小浜市大手町2-2

8:30-17:15

感染防止対策室

0770-52-0990

17:15-8:30

事務当直

0770-52-0990

協力病院

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kennzou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康増進課感染症対策グループ

電話番号:0776-20-0351ファックス:0776-20-0643メール:kennzou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)