雪に強い家づくり

最終更新日 2018年8月10日ページID 039275

印刷

平成30年2月 56豪雪以来の大雪

 平成30年2月、嶺北を中心に「昭和56年豪雪」以来の記録的な大雪が発生しました。死亡者12名、重軽傷者113名の人的被害があり、そのうち42%が「屋根雪下ろし中の転落・転倒」によるものでした。

 高齢化が進み、お年寄りの方が多くなると、屋根雪おろしの負担がますます重くなってきます。

 

克雪(こくせつ)住宅のすすめ

 そこで、人の手で屋根雪を下ろさなくてもよい、雪に強い家(克雪住宅)をつくることで、身体面・心理面・時間面での負担を軽減し、転落等事故の防止を図ることができます。

 こういったことから、新築やリフォームの際には、雪に強い家とされることをおすすめします。

 

雪に強い家づくりの手引き

 福井県では、克雪住宅を計画される際の参考となるよう、克雪住宅のタイプ別に計画の要点や注意事項を解説した「雪に強い家づくりの手引き」を作成・公表しています。特に、垂直積雪量が2メートル以上の地域にお住まいの方におかれては、ぜひともこの手引き書を参考にして、雪に強い家づくりをご検討いただけるよう、お願いします。  

 雪に強い家づくりの手引き(概要版)(PDF:825KB)

 雪に強い家づくりの手引き(詳細版)(PDF:2,589KB)

 雪に強い家づくりの手引き(最深積雪量、垂直積雪量更新版)(PDF:108KB)

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kenjyu@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

建築住宅課

電話番号:0776-20-0505ファックス:0776-20-0693メール:kenjyu@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)