福井の県産品について ― 解釈・運用

最終更新日 2013年12月20日ページID 026006

印刷

県産品の解釈・運用

  • 福井県の林業・木材産業に係るもの

    ・県内で生産・加工された木材、木製品など

     県内産の木材、木製品ならびに原料の一部に県内産の木材を含む製品(合板、集成材、WPC等)とし、県内で加工することを原則とする。
     ただし、県内で加工ができないものに限り、他県で加工した木材、木製品等も県産品とする。
     なお、原料の一部に県内産の木材を含む製品については、県を含む第三者委員会が認定した製品とする。
     県を含む第三者委員会が認定する製品(合板、集成材、WPC等)の基準は次のとおりとする。
      合 板…県内産木材の使用割合が体積率で40%以上
      集成材…県内産木材の使用割合が体積率で50%以上
      WPC…県内産木材の使用割合が重量率で25%以上
      その他…県内産木材で製造される種類ごとにその都度使用割合を決定する。
     ただし、県内産木材だけで製造する合板、集成材については県産品(県産材)とする。

     ※県を含む第三者委員会は「福井県産間伐材認証制度」における指定工場等の認定機関である「福井県間伐材活用推進会議」とする。
     ※WPCとは、木材・プラスチック再生複合材を言い、木材とプラスチックを混合、押出し・射出成型された製品とする。  

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kenjyu@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

建築住宅課営繕室

電話番号:0776-20-0509ファックス:0776-20-0691メール:kenjyu@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)