「安全・安心ふくい」実感プラン~平成23年度の推進結果および平成24年度の重点取組み事項~

最終更新日 2012年5月24日ページID 017625

印刷

 平成23年4月に県、県公安委員会および県警察が共同で策定した「安全・安心ふくい」実現プランの平成23年度の推進結果および平成24年度の重点取組み事項について県民の皆様に御報告します。

 「安全・安心ふくい」実感プランの実施期間(平成23年4月から概ね2年)の前半1年間である平成23年度は、

 1 刑法犯認知件数が、一番多かった平成14年の13,884件から平成23年は5,674件へと9年連続で減少
   9年間の減少率は59.1%と全国第2位
 2 殺人、強盗などの重要犯罪認知件数は43件と前年と比べて18件減少
 3 子どもへの声かけ事案発生件数は201件で23件減少
  
などの成果を上げることができました。

しかしながら、空き巣や振り込め詐欺は増加傾向にあり、子どもへの声かけ事案や女性が被害者となる犯罪の発生も少なくありません。また、交通事故の死者数は61人(前年比+19人)と8年ぶりに増加し、高齢者が全死者数の6割以上を占め全国平均を大きく上回るなど、本県の治安情勢は依然として予断を許さない状況にあります。

 このプランの実施期間は平成24年度末までですが、県警察と力を合わせて、引き続きこのプランに基づく各種施策を推進してまいりますので、県民の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

 写真1
23年度の推進結果と24年度の重点取組みについて
記者会見する西川知事(左)と富田本部長(右)
アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kenan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

県民安全課

電話番号:0776-20-0287ファックス:0776-20-0633メール:kenan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)