特定計量器の検定・検査

最終更新日 2012年4月16日ページID 017341

印刷

タクシーメーター装置検査(検定)

 タクシーの料金メーターは計量法により、1年に1回検査を受けることが義務付けられています。
検査は、タクシーメーター装置検査基準器によって、走った距離に応じて正しく料金が示されるか、1台1台全てのタクシーメーターについて、検査を行っています。
 検査に合格したタクシーメーターには、有効期限を刻印した鉛玉で封印し、さらにタクシーの後部座席付近のガラスに合格シールを貼付します。
 乗った場所、降りた場所それにコースも同じなのに、料金が違ったことはありませんか?これは、メーターが間違っているからではありません。タクシーの料金は、走行距離とともに道路の渋滞、信号待ちが長い時など、料金が加算される仕組みになっています。

燃料油メーターの検定

 燃料油メーター(ガソリンスタンド等の給油機)は、有効期限が切れる前に計量検定所が実施する検定を受けなければなりません。車でいう「車検」に当たります。固定式の有効期限は7年で、ローリーの有効期限5年です。
 検定は、大流(早く出したとき)と小流(ゆっくり出したとき)の2回行います。燃料油タンク用基準タンクに、大流は10㍑、小流は5㍑を採り、給油機の表示がどちらも基準の範囲内に入った場合を合格とします。
 合格した給油機には、出る量を調整できないように鉛玉で封印し、有効期限のプレートとシールを貼付します。シールは目立つ所(㍑数表示部の周辺)にありますので、給油の際に一度探して見てください。

はかりの定期検査

 取引・証明行為に使用される計量器は、製造時に正確なものであっても、その精度を長く持続することは不可能です。そのため、計量法では定期検査制度を設け、取引・証明行為に使用される計量器が一定基準に適合しているかどうかを定期的に検査し、不良になった計量器を排除することで適正な計量の実施を確保しています。
 定期検査に合格すると定期検査済証(シール)を貼付します。
 計量検定所では、福井市を除く県内の市町を二つの区域に分けて2年に一回交互に検査を行っています。(福井市は特例市として独自に実施。)
 奇数年 小浜市、勝山市、あわら市、越前市、坂井市(坂井町、三国町)、永平寺町、池田町、南越前町
 偶数年 敦賀市、大野市、鯖江市、坂井市(春江町、丸岡町)、越前町、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町

基準器の検査

 基準器は計量の標準として、特定計量器の検定・検査に使用するもの、製造・修理事業者が用いるもの、計量士が代検査に用いるもの等があり、構造検査および器差検査に適合したもので、種類に応じて有効期間が定められています。
 当検定所では、一級分銅を用いて、検査に用いる分銅の器差検査を行っています
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、keiryo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

計量検定所

電話番号:0776-21-8218ファックス:0776-21-8268メール:keiryo@pref.fukui.lg.jp

〒910-0003 福井市松本3丁目16-10(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)