フライアッシュコンクリートの使用推進について

最終更新日 2014年7月9日ページID 026180

印刷

 「北陸地方におけるコンクリートへのフライアッシュの有効利用促進委員会」(以下、「委員会」という。)において、フライアッシュをレディーミクストコンクリートに使用することにより、北陸地方における骨材のアルカリシリカ反応(以下、「ASR」という。)抑制等に「有効である」と確認されました。

 また、平成24年9月より北陸電力敦賀火力発電所において分級されたフライアッシュが製造されており、品質のばらつきの少ないJIS灰の確保が可能となりました。

 つきましては、県土木部の土木構造物において下記のとおりフライアッシュの利用を推進していくこととしましたので、お知らせします。

1 北陸地方における骨材のASR抑制対策等に有効であり、公共土木施設の長寿命化が期待できることから、混和材としてのフライアッシュまたはフライアッシュセメントを用いるレディーミクストコンクリート(以下、「フライアッシュコンクリート」という。)の使用を推奨するものとする。

2 フライアッシュコンクリートの品質は、高炉セメントと同等以上であることから、受注者よりフライアッシュコンクリートを使用したい旨の申し入れがあった場合には、発注者はこれを承諾するものとする。

3 フライアッシュコンクリートの普及を促進するため、嶺北地方および敦賀市の区域を「推進地区」に指定するとともに、平成26年度以降フライアッシュコンクリートのモデル工事を順次拡大する。

  なお、フライアッシュコンクリートの配合・製造・施工については、(別添)「フライアッシュについて」を標準とする。

●参考資料

 ・(別添)「フライアッシュコンクリートについて」 (pdf:58KB)

 ・北陸地方におけるフライアッシュコンクリートの配合・製造および施工マニュアル(PDF:1,984KB)

 ・「北陸地方におけるコンクリートへのフライアッシュの有効利用促進検討委員会」報告書(PDF:18,724KB)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kanrika@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

土木管理課

電話番号:0776-20-0469ファックス:0776-22-8164メール:kanrika@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)