私たちにできる「ごみの減量化」

最終更新日 2017年3月17日ページID 001586

印刷

私たちが目指す「ごみの減量化」は、

「2回に1回は、ごみ袋のサイズを小さくしよう」という行動です。

    毎日の生活の中で必ず出るごみを、私たちの心がけや工夫で減らしていきましょう。

    食べ残しをしない、過剰な包装はお断り、リサイクルできる紙は分けておく・・・

    一人ひとりの行動は少しずつでも、その積み重ねで減らせる量は大きくなります。

「福井県廃棄物処理計画」では、

   「私たち一人ひとりが、毎日43gずつ、今までよりもごみを減らすこと」

を目標にしました。

家族の規模に応じて使うごみ袋のサイズを、今よりも1サイズ小さくする工夫をしていきましょう。

≪1人1日当たり43gのごみ減量化の例≫

     単身

           洋食       そば

     5人家族

           紙箱      紙袋       

     7人家族

    野菜   チラシ  紙束

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、junkan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

循環社会推進課

電話番号:0776-20-0382ファックス:0776-20-0679メール:junkan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)