全国粒子線治療促進協議会の開催結果について

最終更新日 2010年4月3日ページID 008553

印刷

 5月18日(月)、都市センターホテル(東京)において、西川福井県知事や古川佐賀県知事をはじめ、粒子線がん治療施設を導入または計画している各県市の代表が集まり、全国粒子線治療促進協議会の設立会議が開催されました。
 この協議会は、従来組織されていた「粒子線治療施設普及研究会」を発展的に解消し、10県4市の賛同を得て、新たに設立されたもので、今後、粒子線治療に関する普及活動や要望活動、治療施設の導入・施設運営の課題研究、粒子線治療に関する知識・情報の共有化を推進していく予定です。
 冒頭、協議会名と西川知事の会長就任について満場一致で承認され、西川知事は会長として、「これから当協議会の活動を基に、粒子線治療を全国に普及させ、どの自治体も日本一の施設を目指して、切磋琢磨していきたい。」とあいさつしました。
会議では、協議会設置要綱が承認されたほか、今後の具体的な活動についても力を合わせて展開していくことで了承されました。
 また、国に対して粒子線治療の医療保険適用を求める要望書が取りまとめられ、会議後には、西川知事らが厚生労働省を訪れて、水田邦雄保険局長に要望書を手渡し、早期の保険適用を要請しました。

 

協議会写真 要望写真
協議会の写真 厚生労働省への要望の写真


 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iryou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

地域医療課

電話番号:0776-20-0345ファックス:0776-20-0642メール:iryou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)