地域医療介護総合確保基金(医療分)

最終更新日 2017年9月14日ページID 026785

印刷

 制度概要

○国は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を見据え、病床の機能分化・連携、在宅医療・看護の推進、医師・看護師等の医療従事者の確保・勤務環境の改善、地域包括ケアシステムの構築といった医療・介護サービスの提供体制の改革を進めており、平成26年6月に「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」が成立しました。

○これを受け、消費税増収分を財源として、都道府県は地域医療介護総合確保基金を造成するとともに、都道府県計画を毎年作成し、医療介護の総合的な確保に向けた事業を実施することになります。

 

国が示している対象事業

1 病床の機能分化・連携のために必要な事業
   ・ICTを活用した地域医療ネットワーク基盤の整備や、病床の機能分化・連携を推進するための
    基盤整備等の医療提供体制の改革に向けた施設および設備等の整備
2 在宅医療・介護サービスの充実のために必要な事業
   ・在宅医療の実施に係る拠点・支援体制の整備や、在宅医療や訪問看護を担う人材の確保・養成に
    資する事業等の在宅医療(歯科・薬局を含む)の推進に資する事業
3 医療従事者等の確保・養成のための事業
   ・医師確保対策として、都道府県における医師確保のための相談・支援機能の強化や、地域医療に
    必要な人材の確保等の事業、産科等の不足している診療科の医師確保事業、女性医療従事者の
    復職支援 等
   ・看護職員等確保対策として、新人看護職員等への研修や、看護師等の離職防止・定着促進等に
    係る事業、看護師等養成所の運営 等
   ・医療従事者の勤務環境改善対策として、都道府県における医療従事者の勤務環境改善の支援体制
    の整備や、院内保育所の運営 等

 

基金について

  • 基金の名称
       福井県地域医療介護総合確保基金

  • 基金設置法人名
       福井県
  • 設置日
       平成26年12月25日
  • 基金の額

    基金造成額 平成26年度  844,175,000円(内、国費分  562,782,000円)
          平成27年度 1,516,781,000円(内、国費分 1,011,186,000円)
          平成28年度 1,140,000,000円(内、国費分      760,000,000円)

     平成28年度の積増し完了時点における基金残高
          2,325,268,431円(内、国費分 1,550,178,954円)

  • 基金事業を終了する時期

    地域医療介護総合確保基金は、地域における医療および介護の総合的な確保のための事業
    を実施するため、この基金を造成していることから、終了する時期を設定していません。
 

福井県計画(事業内容と目標)

  平成26年度計画

  平成27年度計画
 

平成30年度基金事業の募集(締切 平成29年9月28日)

  事業メニュー

  事業計画書(その他)

  事業計画書(地域包括ケア病院等整備)

  事業計画書(助産師配置支援)

  事業の実施に要する経費に関する調書

  

 

参考資料

1 地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針(厚生労働省)

2 医療・介護サービスの提供体制改革のための新たな財政支援制度(厚生労働省資料)

3 新たな財政支援制度で考えられる対象事業(厚生労働省資料) 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iryou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

地域医療課

電話番号:0776-20-0345ファックス:0776-20-0642メール:iryou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)