救急医療体制について

最終更新日 2010年12月18日ページID 014542

印刷

福井県では、初期、二次、三次の各段階における救急医療機関が機能分担・連携を行い、救急医療体制を整備しています。 

 

1 初期救急

ちょっと具合が悪い、など不調を感じたときには、初期救急を利用しましょう。 


休日・夜間急患センター ~福井市・敦賀市・大野市~ 
在宅当番医 ~地区の郡市医師会による在宅当番医~

2 二次救急

入院が必要な重症患者の診療を行います。


病院群輪番制病院 ~嶺北地区・嶺南敦賀地区・嶺南小浜地区~
小児救急輪番病院 ~小児科医が待機しています~

3 三次救急

重篤な救急患者を24時間体制で受け入れます。


福井県立病院救命救急センター
杉田玄白記念公立小浜病院救命救急センター

4 お知らせ

○お子さんが急病の際には…(♯8000子ども救急医療電話相談

 お子さんが急病などの際、夜でもすぐに病院へ行った方がいいのか、翌日まで様子をみていいのか、迷ったときは「♯8000」にダイヤルすれば、小児科医が電話でアドバイスします。
 年末年始も19:00~23:00の時間で電話を受け付けています。

電話受付時間:19:00~23:00 【♯8000(短縮ダイヤル) または 0776-25-9955】

○慢性疾患や育児相談については対応しておりませんので、ご了承ください。
○電話によるアドバイスです。診断・治療ではありません。

○在宅当番医を受診されるときには…

 都合によりやむを得ず当番医が変更になることがありますので、事前に最寄の消防所、医療機関等にお問い合わせください。
 また、診察をお受けになる場合は、お手数ですが必ず当番の医療機関に電話をかけてからお出かけください。

○在宅当番医を探したいときには…

 福井県広域災害・救急医療情報システムでは、インターネットにより在宅当番医を案内しています。
  【ホームページアドレス http://www.qq.pref.fukui.jp/qqport/kenmintop/hospital/fk1400.php?gamenid=fk1410

○二次・三次救急医療機関を受診されるときには…

 二次・三次救急医療を担当する病院は、重症な救急患者の受け入れを目的としているので、軽度の傷病の場合は、まず初期救急医療を担当する医療機関の利用をお願いします。

○救急車が必要なときは…

 消防庁で、「救急車を上手に使いましょう~救急車 必要なのはどんなとき?~」(救急車利用マニュアル)(日本語、英語、中国語、韓国語版)が作成されましたので、ご参照ください。
  【ホームページアドレス http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/index.html

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iryou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

地域医療課

電話番号:0776-20-0345ファックス:0776-20-0642メール:iryou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)