≪救急医・家庭医・総合医をめざすあなたへ≫あの林寛之先生による指導!「救急医・家庭医養成キャリアアップコース」後期研修医募集!

最終更新日 2011年4月4日ページID 014353

印刷

※28年度採用者の応募は締め切りました。
ER&家庭医コース   集合写真

ドクターG 林寛之先生から直接、指導    ・北米型ERの草分け 福井県立病院   
・知識をアップデートし、発信する力を獲得  ・勉強時間、休みがしっかりとれる
・臨床能力が高く、心優しい医師を養成    ・Journal club 豊富な文献、豊富な宴会
・個々に応じた自由度の高いプログラム    ・愛と希望と笑いに満ちている
・モチベーションの高い指導医・上級医    ・越前ガニ がうまい

                                           まる
1 最新のお知らせ (研修医の応募動機、体験談 掲載)
2 
本コースの教育
3 
福井県立病院救命救急センター
4 
救急医(ER)コース
5 
家庭医(総合診療)コース
6 
待遇
7 
本コースの後期研修の方々
8 
家族も安心 住みやすさ、幸福度 日本一 福井県
9 
見学希望
10  
募集定員、募集要項、応募書、応募締め切り
11  
問合せおよび応募書送付先     
                                                                                                     

最新のお知らせ


 H27.4.21   5/1  NHK総合「総合診療医ドクターG」に林寛之先生が出演されました。
           ⇒放送内容はこちら「航空機内の患者を救え!」

   H27.4.15   28年度採用 後期研修医募集中! 27年度途中採用も可能。開始時期は相談に応じます。
                               ーコース在籍者からのメッセージ「本コース研修医による体験談」
 H27.4.1    27年度採用者5名が研修を開始しました「私がこのコースを選んだ理由」
 H27.3.27        市内レストランで修了式をしました
           ー3名の方が修了されました!おめでとうございます!

 H26.3.4      研修病院ナビにて、林寛之先生の記事が掲載されました
 H25.9.18    9/30 NHKプロフェッショナルにて、林寛之先生の特集が放送されました
           ⇒放送内容はこちら「命の前で、謙虚であれ」                                                   
 H25.6.10    週刊医学界新聞5月号「この先生に会いたい」  林寛之先生の公開収録内容       ドクターG
 H23.6.20    林先生インタビュー掲載 医学書院HP (←必読)    
           救急医・家庭医コース(後期研修)の研修内容を紹介  
 H23.1     家庭医、総合医をめざすあなたへ 林寛之先生からのメッセージ
           (もちろん、救急医コースの方にも当てはまります)


○研修の様子
 H26.3.12 救急医・家庭医コース修了式&懇親会
  25修了式2  25修了式 25修了式3 25修了式4
 H25.3.13 救急医・家庭医コース修了式&懇親会
      修了式5 修了式6 修了式7 修了式8
 カナダ ジュエル・ヤフィ-先生のレクチャー 
      外国人講師1 救急医家庭医2
 ジャーナルクラブの様子
     救急医家庭医3 ジャーナルクラブ1 ジャーナルクラブ2 ジャーナルクラブ3
 H24.3.27 ER・家庭医コース研修修了式&懇親会
     修了式1 修了式2 修了式3 修了式4
  その他、研修の様子
     PTLS1 PTLS1 PTLS2 PTLS3 

     研修2 研修3 診療所見学

  

 

本コースの教育

   プログラム ※28年度プログラムは調整中のため、現プログラムと異なる場合があります。
  ■ 10年先を見据えて、自分で知識をアップデートできる情報収集能力および情報提供能力を獲得する。
  ■ 多彩な文献を収集し、かみくだいた分かりやすい自分の言葉で情報を発信することで、患者教育や研修医・看護師教育がうま
  くなる。
  ■ 自らが知識をアップデートし、うまく情報を提供できることで、将来どこで働こうと、solo-practiceになっても自信を持って
  自己研鑽できるようになる。 

    指導は、あの ER救急、総合診療のプロフェショナル
  福井大学医学部附属病院総合診療部  林  寛之    教授  (福井県立病院 非常勤医師)
  福井県立病院救命救急センター      石田 浩      主任医長
                    前田 重信    医長 (日本プライマリ・ケア連合学会指導医)
   その他、モチベーションが高く、心優しい指導医、上級医が揃っています。
                                                                                                            
  林先生は、現在、
    ・毎週水曜日、福井県立病院において救急医・家庭医コース後期研修医の研修指導
    ・ジャーナルクラブ(月1回)への参加・指導
    ・その他 ACLS等、各種トレーニングコースでの指導
   等、直接、指導してくださっています。                                                                                


 

福井県立病院救命救急センターの紹介

 ■ 救命救急センターの概要
    1983(昭和58)年、福井県立病院救命救急センター設立時、沖縄県立中部病院より寺沢秀一先生(現 福井大学医学部
    地域医療推進講座 教授)を迎え北米型ERを始動。
    救急外来患者 30,000人強/年  救急車 3,000台強/年
 
  ■ 医師スタッフ
    日勤、準夜、深夜の3交代制勤務
    常時、正規医師1名、後期研修医1名が配置。患者の多い時間帯には、さらに応援医師。

 ■ 看護師スタッフ等
  

 

救急医(ER)コース  コース責任者 福井大学医学部附属病院総合診療部 林 寛之 教授

     林先生1
○ 救急医コース      

 1年目(研修)  2年目(研修) 3年目(勤務)
福井県立病院等 福井県立病院等 地域の公立病院

○ 救急医コース(研修期間中に県外、海外研修を希望する場合)
 1年目(研修) 2年目(研修) 3年目(勤務) 4年目(勤務)
福井県立病院等

福井県立
病院等

県外、
海外研修
地域の公立病院 地域の公立病院
※ 勤務先、期間は、本人の希望も考慮して決定します。


  ■ 福井県立病院の救命救急センター他で研修し、地域の公立病院で実践するコース
  ■ 福井県立病院等(研修)
     北米型の救命救急センター(ER)にて、1次~3次までの救急診療技術を習得。
     福井大学附属病院等、他の医療機関での短期研修、他科ローテートも可能。
        (福井県立病院ホームページはこちら
  ■ 地域の公立病院(勤務)
     救急専門医の下、実践を通して、救急患者に的確に対応できる能力を身につけます。
     週1日は、帰学日として県立病院でのカンファレンスに参加できます。
  ■ 国内、海外研修 
     海外や国内他病院研修の旅費、生活費を補助。(上限あり)
  ■ 資格取得
     日本救急医学会専門医の受験資格を取得できます。

  ○ 勤務先となる県内の公立病院
     杉田玄白記念公立小浜病院(小浜市)
     公立丹南病院(鯖江市)

家庭医(総合診療)コース  コース責任者  福井大学医学部附属病院総合診療部 林寛之 教授

     林先生2
○ 家庭医コース    

1年目(研修) 2年目(研修) 3年目(勤務)
福井県立病院等 福井県立
病院等

地域の
公立診療所

地域の公立病院
または診療所


○ 家庭医コース(研修期間中に県外、海外研修を希望する場合)

1年目(研修) 2年目(研修) 3年目(勤務) 4年目(勤務)
福井県立病院等

公立診療所、
福井県立病院等

県外、
海外研修
地域の公立病院
または診療所
地域の公立病院
または診療所
※ 勤務先、期間は、本人の希望も考慮して決定します。

  ■ 福井県立病院の救命救急センターや県内公立診療所他で研修し、地域の公立病院、診療所で実践するコース
  ■ 福井県立病院等(研修)
     北米型の救命救急センター(ER)にて、1次~3次までの救急診療技術を習得。
     毎週1日の内視鏡トレーニングや整形外科クリニック短期研修、福井大学医学部附属病院、
     県立病院の他科ローテート等も可能。
  ■ 地域の公立診療所(2年目)研修
     上級医の指導のもと、6か月間研修。地域医療の現場における診療技術、往診技術等を習得。
  ■ 地域の公立病院および診療所(勤務)
     実践を通して、家庭医・総合医に求められる初期診療に的確に対応できる能力を身につけます。
     週1日は、帰学日として県立病院でのカンファレンスに参加できます。
     へき地診療所勤務希望の場合は、福井県立病院および福井県へき地医療支援機構等がサポート。
     学会への短期出張や休暇を取得する場合には代診医師を派遣します。
  ■ 国内、海外研修
     海外や国内他病院での研修費を助成します。(上限あり)
  ■ 資格取得
     日本プライマリ・ケア連合学会専門医の受験資格を取得できます。(プログラム認定番号014-001)


  ○ 6か月研修を行う県内の公立診療所の例
     名田庄診療所(おおい町)   指導  中村 伸一 所長(写真右)  
     東部診療所(美浜町)       指導  村寄 文人 所長(写真左)   
     池田町診療所(池田町)        指導  森 祐樹 所長
     和泉診療所(大野市)     指導  山﨑 高宏 所長
                                                                       村寄医師中村先生

  ○ 勤務先となる県内の公立病院の例
     杉田玄白記念公立小浜病院(小浜市)
     福井勝山総合病院(勝山市)
     越前町国保織田病院(越前町) 
 

充実の Off  the  job  training

勉強会4
   月2回 後期研修 勉強会
   月1回 スタッフ  勉強会
   月1回 Jornal club (勉強会&食事会)
   各種トレーニングコースの実施 (ACLS、ICLS、PTLS、FACE、トリアージコース等) 

  【写真】H26.5.14 British Columbia Proferror of Pediatrics Dr Goldman を招いての
      後期研修勉強会

  多彩な文献収集による情報収集能力を身につけます。
  収集した情報を、かみくだいた分かりやすい自分の言葉で発信、かつ、3分に1回笑える、うなる資料作りにより、プレゼンテ
 ーション能力を身につけます。      
  

待遇面も 充実

 ■ 研修期間(1、2年目)            月額 66万円 (賞与なし)
                     通勤手当
                   時間外手当、宿日直手当(実績に応じて)支給
                   学会・セミナーへの参加費・旅費補助(上限あり)
                   国内、海外研修制度(研修期間の旅費、生活費補助・上限あり)

 ■ 勤務期間(3年目)        勤務先医療機関の正規職員として、給与が支給されます。

 ※上記待遇は、平成27年4月採用時点のものです。詳細は、見学時にご確認ください。
 

本コースの後期研修医の方々

   ■ 本コース在籍の後期研修医は16名(平成27年4月現在)
         内訳 : 救急医コース 8名   
          家庭医コース 8名
   ■ 27年4月から、5人(救急2、家庭医3)が研修を開始しました。
 ■ 臨床研修終了後の卒後3年目の方から内科、外科、小児科の経験のある方等、さまざまな方がいます。
 ■ 年齢も、20代後半から40代の方までさまざま。

  ○ これまでの当コース修了者 21人
       修了後の進路 : 福井大学総合診療部、福井県立病院救命救急センター、県内中核病院総合内科、県内公立診療所、
           県外医療機関
      (修了後の進路は自由。県内勤務を希望される方には、紹介等の手伝いをしております。)
                                                                                                                          

家族も安心 住みやすさ 幸福度 日本一福井県

    日本で最も幸せな県は福井県
  「2014年度都道府県別の幸福度ランキング」(日本総合研究所)で、福井県が全国1位にランクイン。
  「子どもの幸福度に関する計量分析」調査(慶応大など)でも全国1位。 

  住みやすさ日本一の福井県(福井県定住促進総合サイト
   

   足羽川 水島 菊人形 スキージャム 


見学希望 

 見学を希望される方、応募を検討されている方は、地域医療課 担当者までメールまたは電話にて連絡願います。
 林先生もしくは前田先生と面談できるよう調整しますので、希望日を2~3候補お知らせください。
  ・ 見学は、365日24時間いつでもOK。日勤、準夜、深夜、土日の見学もできます。
  ・ おススメは、林先生とお会いできる水曜日、または水曜日を含めた期間(火~水曜日等)です。

  * 見学・選考の詳しい流れ ⇒ こちら
  * 見学日の調整後、見学依頼書、誓約書、職員証(写し)を送信。

   見学依頼書、誓約書はこちらからダウンロード ⇒ 福井県立病院 病院見学
   (福井県健康福祉部地域医療課 担当者まで送信願います)
  

募集定員、募集要項、応募書、応募締切

 ○募集定員    1.救急医(ER)コース   2.家庭医(総合診療コース)
   28年度採用      計5名程度
  
27年度途中採用  若干名

 ○ 募集要項、プログラム
  
28年度福井県(救急医コース)募集要項
  
28年度福井県(家庭医コース)募集要項
  現コースプログラム
   
※28年度プログラムは調整中のため、現プログラムと異なる場合があります。

 ○ 応募書
  
応募書
   医師免許証の写しを添付してください。

 ○ 応募締切
   平成27年8月31日(月)当日消印有効   
※応募は締め切りました。

 ○ その他 
   ・当コースの研修、勤務の取り扱い(育児休業制度等)概要
   ・当コースの研修、勤務に関する要綱
   ・誓約書様式(採用決定後に提出)   


 

問合せおよび応募書送付先

 〒910-8580
    福井県福井市大手3丁目17-1                            
      福井県健康福祉部地域医療課  医療人材確保グループ                             
         〔担当〕    野尻 幹子、田原 雅典
         〔電話番号〕  0776-20-0345
         〔e-mail〕   doctor@pref.fukui.lg.jp

 担当者

 当コースに関する相談や受入れ(住まい等)につきましては、私たちが誠心誠意お手伝いさせていただきます。



 最後までご覧いただき、ありがとうございます。
あなたの見学、ご応募をお待ちしています!

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iryou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

地域医療課

電話番号:0776-20-0345ファックス:0776-20-0642メール:iryou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)