豚レバーの生食は、やめましょう

最終更新日 2012年10月9日ページID 018880

印刷

豚のレバーは、加熱して食べましょう。
飲食店では、生食用として提供しないでください。

 豚レバーをはじめとする豚、イノシシ、鹿の肉を生で食べると、E型肝炎ウイルスに感染するリスクがあります。E型肝炎は、劇症化する可能性もあります。

 また、豚レバーを生で食べると、サルモネラ属菌や、カンピロバクター・ジェジュニ/コリ等の食中毒のリスクがある(※)ほか、世界では、豚からの有鉤条虫、旋毛虫等の寄生虫への感染も報告されています。

 豚のレバーは加熱して食べましょう。飲食店などの事業者でも、生食用としては提供せず、しっかりと加熱を行うようお願いします。

※牛や豚の生レバーだけでなく、生の肉や内臓は、食中毒が発生する危険があります。

 お肉や内臓は、よく加熱して食べましょう。特に、お子さんやお年寄りなど抵抗力の弱い方はご注意ください。
  詳しくは、こちらへ→ 「ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒」(政府広報)

詳しくはこちら(厚生労働省ホームページへリンク)
食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例が報告されています。野生動物の肉は十分に加熱してから食べましょう。(医薬食品・衛生課ホームページ)

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iyakushokuei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

医薬食品・衛生課

電話番号:0776-20-0354ファックス:0776-20-0640メール:iyakushokuei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)