木質ペレットボイラー

最終更新日 2016年10月3日ページID 007865

印刷

総合グリーンセンターにおける木質バイオマスの取組
 


   近年、地球温暖化防止策の一環として、温室効果ガスの削減や化石燃料の代わりとして
 自然エネルギーの利用が取り組まれています。このような中で、木質燃料が循環型利用の
 可能な資源や地産地消型のクリーンなエネルギー源として再評価され、中でも木質ペレット
 は、地域エネルギーの燃料として各地でその採用に広がりをみせています。
 
   総合グリーンセンターでは、環境にやさしい木質バイオマスを利用する「木質ペレットボイ
 ラー」を整備し、花の展示温室(通称タマネギハウス)、花の育成温室に熱源を供給しています。

 
   燃料に使用される木質ペレットは、地域の製材工場等から排出される木くずや間伐材等
 が使われています。 木質ペレット製造の流れ(PDF形式:246KB)
 
   展示温室の熱源として木質ペレットボイラー稼働中です。
 
ボイラー1 ボイラー2

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、green-c@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

総合グリーンセンター技術指導グループ

電話番号:0776-67-0002ファックス:0776-67-0004メール:green-c@pref.fukui.lg.jp

〒910-0336 坂井市丸岡町楽間15(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)