「いちほまれ」推進大会を開催しました!

最終更新日 2018年4月2日ページID 038115

印刷

 「いちほまれ」の本格生産・販売・ブランド化に向けた推進大会が、3月20日(火)、福井市フェニックス・プラザにおいて開催され、生産者やJA関係者等約350名が出席しました。

 西川知事は、開会のあいさつで「米の食味ランキングで『いちほまれ』を含む福井米4品種が特Aを獲得した。これを追い風に生産者と関係者が力を合わせ、全国で支持される米を生産していきたい。今年は福井国体もあり、全国の皆さんに知って、味わってもらう絶好のチャンス」と述べました。また、「『いちほまれ』が日本一、世界一のお米になるよう皆さんと共に頑張ろう」と激励しました。

知事あいさつ

 また、知事の掛け声のもと、出席者全員で「ガンバロー」を三唱し、「いちほまれ」生産への気運を高めました。

 ガンバロー三唱

 次に、生産、販売について県および県経済連の担当者から、「栽培マニュアルを遵守し、消費者に高く評価される『いちほまれ』を生産してほしい。」「平成29年産は、県内分が完売、首都圏では棚を確保して高価格帯で販売している。平成30年産は、県内、首都圏に加えて関西、中京へも販路を広げる。」と説明がありました。

 続いて、(株)食糧問題研究所編集部長 鶴田裕氏が「消費者視点からのブランド米づくり」と題して講演し、「いちほまれがブランド米として定着するためには、今からの3年間が勝負である。品質への信頼を維持することが重要である。」と話されました。

鶴田氏講演

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、fukuimai@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

福井米戦略課

電話番号:0776-20-0425ファックス:0776-20-0649メール:fukuimai@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)