家畜に福井県産のお米を与える「地産地消」の取組が広がっています。

最終更新日 2013年3月11日ページID 022841

印刷

高村さんちのこめたまごロールケーキが出来ました!

 福井県は農地の約97%が田んぼで、全国的に見ても、とても稲作が盛んな地域です。現在、この豊富な田んぼを活かして、家畜に福井県産の稲やお米を与える「地産地消」の取り組みが広がっています。家畜のエサの原料は海外からの輸入が多く、この取り組みは、食料自給率の向上につながります。
 福井市内の養鶏農家でも、福井県産のお米をエサとして与える取り組みが増えています。
 福井市栃泉町の高村養鶏では、福井県産のお米を食べて育った鶏の卵を「たかむらさんちのお米卵」と名付けて、市内の直売所にて販売しています。また、「お米卵」を使った新しい商品の試作も進めており、地元の洋菓子店「Pot de The(ポ ド テ)」(福井市西方2-1-24)では、「お米卵」で作ったロールケーキとプリンが販売されています。
 今後も福井農林総合事務所では、こうした地産地消に取組む生産者を支援していきます。

田んぼ     たまご
 
こめたまご     プリン

 

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、fuku-noso@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

福井農林総合事務所

電話番号:0776-21-8201ファックス:0776-21-8991メール:fuku-noso@pref.fukui.lg.jp

〒910-8555 福井市松本3丁目16-10(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)