平成30年度卒業記念講演会・卒業式を行いました。

最終更新日 2019年5月7日ページID 035136

印刷

  平成31年3月8日、県立看護専門学校第65回生の卒業式が挙行されるにあたり、3月6日に卒業記念講演会を行いました。
 香取感動マネジメントの香取貴信先生をお招きして、「私の体験したディズニーマジック・幸福の呼ぶサービス」と題して講演していただきました。
 香取先生は、高校生の時に東京ディズニーランドでバイトを始められたそうです。ヤンキー少年だった先生は、バイトの先輩から叱られることも多かったようですが、素敵な仲間との出会い、教えられていく中で、ディズニーランドが老若男女に愛される理由に気づかれたそうです。そのディズニーランドで培った「いつでも一生懸命」の精神は、社会人として大切な心構えであり、これから社会人として巣立っていく卒業生には、心に響く講演となりました。
 講演後、学生を代表して卒業生が、「たかが挨拶だが、その挨拶を相手から返してもらうためにはどうしたらよいかといった理由を考えて、挨拶はする。それは看護においても同じで、行動一つ一つに根拠があり、それを考えて看護するということに通じるものがあると感じた。また、相手の気持ちを知るという考え方も、人と人との関わりにおいて大切にする看護おいても同じだと感じた。今後看護師として働いていく中で、この講演に合ったキーワードの『挨拶の際の目線を合わせる』『笑顔を作ること』『相手の心を考える』などのコミュニケーションの技術を意識して活用していけたらと思っている」と感想を伝えました。
 香取先生の失敗談も交えた講演は、笑いの絶えない楽しい講演で、これから始まる看護師人生において、「仕事」、「教育」、「サービス」の本当の意味を教えていただけた講演でした。

 記念公演1 記念公演2 記念公演3

 そして、その2日後、平成31年3月8日、県立看護専門学校第65回生の卒業式を挙行しました。卒業生36人が、看護師として使命と希望を胸に、新たな一歩を踏み出しました。
 卒業生を代表して中山育代さんが、「これから先、看護師を目指す道のりは、うれしいことだけではなく、辛いこともあるかと思うが、この学校での学びを思い出し、初心を忘れず乗り越えていきたい」と述べました。
 この日巣立った卒業生は、34人が県内外の医療機関に就職し、2人が進学します。
 今後の活躍を期待していますよ。頑張ってください。

 知事祝辞 感謝の言葉 卒業生集合写真

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kansen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

看護専門学校

電話番号:0776-54-5166ファックス:0776-54-8114メール:kansen@pref.fukui.lg.jp

〒910-0846 福井市四ツ井2丁目8-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)