大名町交差点周辺における鳥害対策検討会を開催しました

最終更新日 2016年3月1日ページID 031907

印刷

 福井県では、近年、増大している福井市大名町交差点周辺の街路樹における鳥害(糞、騒音など)について、対策方法を検討するため、鳥の専門家や地元の方を交えた「鳥害対策検討会」を設置し、調査や対策を進めています。 

鳥害対策検討会委員 

 組頭 五十夫氏(日本野鳥の会福井県副代表)
 松村 俊幸氏 (福井県自然保護センター所長)
 瀧波 成嘉氏 (福井大名町通り商店街代表)
 海道 映諄氏 (福井中央商店街振興組合理事長)
 橋野 昌裕氏 ((株)福井銀行経営管理チーム サブリーダー)
 洞口 弘之氏 ((一社)福井県繊協ビル同業会総務課長)
 野坂 雄二氏 (福井県安全環境部企画幹)
 竹澤 克敏氏 (福井市有害鳥獣対策室長)
 佐野 仁則氏 (福井市公園課長)(※委員は平成27年度時点)
 事務局:福井県土木部道路建設課・福井土木事務所   

検討会の開催状況

 ○第1回:平成26年12月19日(金)鳥害の現状、全国の対策事例について など
 ○第2回:平成27年3月20日(金)鳥害対策工について など
 ○第3回:平成27年7月28日(火)対策の途中状況報告 など
 ○第4回:平成28年1月21日(木)対策の実施効果、今後の対策について など 

 検討会写真1 検討会写真2   

鳥害対策の取組みと効果について

 鳥害の現状や、これまでに行った対策とその効果などを下記のパンフレットにとりまとめました。
 大名町交差点周辺の鳥害に関するパンフはこちら(PDFファイル:761キロバイト) 

 パンフ画像
 

美しい通りを目指して

 都市化が進んだ街なかの街路樹に、ムクドリやスズメなどの野鳥が集まる現象は全国各地で見られます。対策により鳥害を減らすことはできましたが、今後も時期によっては再び個体数が大きく増加する可能性もあります。一方で、野鳥は生態系の一部を担っており、人にとっても害虫を食べるなど役に立つ一面も持っています。
 今後も野鳥との共生を図りながら、地域の方をはじめ福井を訪れた方が快適に過ごせる美しい道路空間の確保に向けて取り組みますので、ご協力をお願いします。

ケヤキ並木
フェニックス通りケヤキ並木(福井市景観賞2015受賞)
 

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、douroken@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

道路建設課街路・市町道グループ

電話番号:0776-20-0502ファックス:0776-20-0658メール:douroken@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)