最近の研究成果

最終更新日 2011年9月5日ページID 003964

印刷

畜産試験場の最近の研究成果がご覧になれます

 

普及に移す技術(PDFファイル)

  大家畜
        ・ダメージの少ない未成熟卵子の輸送・保存技術(H19 / 93KB)
        ・若狭牛の肥育飼料としてモミ殻を稲ワラ半量と代替できる(H19 / 37KB)
        ・凍結胚移植時の受胎牛の選定には血中アンモニア濃度の測定と黄体検査の併用が有効である(H19 / 122KB)
        ・血中アンモニア濃度が高い受胚牛は流産の確率が高い(H19 / 119KB)
        ・黒毛和種肥育牛の肉質向上にはビタミンCの給与が有効である(H18 / 125KB)
         ・エゴマから調整した脂肪酸カルシウムの給与は乳中のα-リノレン酸含量を高める(H18 / 123KB)
        ・ウシ栄養膜小胞は発情周期を延長させ胚との共移植で受胎率向上(H17 / 245KB)
        ・牛乳生産性に及ぼす飼料中タンパク質分画値とデンプンとのバランス(H15 / 88KB)
         ・卵巣を除去した黒毛和種雌牛の肥育について(H15 / 153KB)


中小家畜
        ・鯖油給与によるDHA含量の高い鶏卵の生産技術(H19 / 16KB)
        ・屑米、エゴマ等の給与によるα-リノレン酸割合の高い鶏卵生産(H17 / 123KB)
        ・魚油を利用したEPA、DHA含量の高い豚肉の生産(H17 / 97KB)
        ・n-6/n-3比を低くした鶏卵のラットへの給与反応(H16 / 137KB)
        ・エゴマ油吸着飼料を利用したα-リノレン酸含量の高い豚肉の生産(H16 / 167KB)
        ・採卵鶏への屑米、屑大麦の利用(H15 / 119KB)
        ・肥育豚への屑大麦給与による低コスト化(H15 / 136KB)


飼料・環境
        ・林地廃材の二次破砕材は脱臭槽充填材として活用できる(H18 / 176KB)
        ・遊休農地を利用した飼料増産技術(H16 / 25KB)
         ・水稲作における堆肥の組み合わせ利用技術(H15 / 146KB)

 

18年度の研究成績

        ・搾乳前後の乳汁中の体細胞数の変動
        ・黒毛和種肥育牛の低コスト早期肥育技術の確立
         ・優良牛生産のための経膣生体卵子吸引法の検討
         ・受胚牛の血中アンモニア濃度と胚移植成績の関係 

17年度の研究成績

        ・ウシ超低温保存胚から作出したバイオプシー胚のガラス化保存後の生存性
        ・ウシ胚の性判別技術の確立
         ・梅酢の給与が
        ・搾乳前後の乳汁中の体細胞数の変動
        ・黒毛和種肥育牛の低コスト早期肥育技術の確立
         ・受胚牛の血中アンモニア濃度と胚移植成績の関係
            ・梅酢の給与が養豚の生産性向上に及ぼす影響(2)肥育豚への給与
        ・魚油を利用したEPA,DHA含量の高い豚肉の生産技術の検討
        ・竹炭、オリゴ糖を利用した鶏卵生産性向上技術の検討
        ・規格外大麦やモミガラの飼料利用促進技術
        ・飼料作物品種選定試験(イタリアンライグラス) 
        ・未利用資源を用いた脱臭技術の開発 (1)地域未利用資源のアンモニア吸着能力

16年度の研究成績

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、chikusi@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

畜産試験場

電話番号:0776-81-3130ファックス:0776-81-2600メール:chikusi@pref.fukui.lg.jp

〒913-0004 坂井市三国町平山68-34(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)