白山開山1300年「泰澄・白山信仰ゆかりの神仏」特別公開

最終更新日 2017年9月22日ページID 036248

印刷

 養老元年(717年)、越前の僧・泰澄(682~767年)が開山して以降、白山は修行の場となり、今に続く白山信仰の聖地となりました。

 平成29年は、泰澄大師の開山から1300年の記念年となることから、泰澄・白山信仰に関連する各種イベントを開催いたします。

 泰澄・白山信仰ゆかりの神仏 特別公開

 泰澄・白山信仰ゆかりの神仏 バスツアー

 特別巡回展「白山と泰澄」

 特別展

 

泰澄・白山信仰ゆかりの神仏 特別公開

 公開期間

 平成29年10月21日(土)~11月26日(日)の期間中(原則 土・日・祝日)に、福井市、大野市、鯖江市、越前市、越前町のエリアで実施します。※各寺院により拝観可能日は異なります。

 リーフレット パンフレットはこちら (PDF形式:6,423KB)

 

公開寺社および公開文化財

寺社名・所在地 寺社の説明等 公開仏像 公開日

大安禅寺

福井市田ノ谷町

泰澄が創建したとされる竜王山田谷寺の跡地にある。臨済宗妙心寺派の寺院。平安時代の仏像が安置されている。

大日如来坐像

木造文殊菩薩坐像(県指定)

10/21~11/26の土日祝日

東雲寺(安養寺)

福井市足羽

聖観世音菩薩は泰澄が自作したものと伝えられている。眼病が治るとの言い伝えがある。

木造眼明観世音菩薩

木造阿弥陀如来坐像(県指定)

10/21~11/26の土日祝日

滝波五智如来堂

福井市滝波町

元々は行基が開山したとされる高野山薬王寺にあった仏像群で、泰澄・白山信仰と深い関わりがあると考えられている。

木造大日如来坐像など

五智如来5躯(県指定)

10/21~11/19の土日

大谷寺

越前町大谷寺

持統天皇6年(692)に泰澄が開創したと伝えられる古刹。本尊は十一面観音菩薩、聖観音菩薩、阿弥陀如来の越知山三所大権現。白山を開いた泰澄は、神護景雲元年(767)、大谷寺仙窟において、座禅を組んだまま86歳で遷化したと言われている。

三所権現本地仏(県指定)

木造聖観音立像(県指定)

10/21~11/25の土日祝日

(11/5、19、23は非公開)

※要事前連絡

泰澄寺

福井市三十八社町

泰澄が生誕したこの地に両親のため開山したのが始まりとされる。境内には泰澄の産湯の池、雷の池、座禅石などゆかりの史跡が点在し、本尊である十一面観音像は天平8年(736)に泰澄が自作したものと伝わる。

木造泰澄大師坐像

木造観音菩薩像

 ほか

11/4、5、18、19

文殊山楞厳寺

福井市大村町

文殊山・楞厳寺ともに泰澄が開基したとされる。文殊山は越前五山の中心で、白山信仰の原点と言われている。

木造文殊菩薩

木造十一面観音菩薩

木造弘法大師坐像(県指定)

 ほか

10/21~11/26の土日祝日

朝日観音 福通寺

越前町朝日

白山開山と同じ養老元年(717)に泰澄が開山したとされ、白山遥拝の地となっている。観音像は泰澄が自作したものと伝えられている。

木造千手観音菩薩立像(県指定)

木造聖観音菩薩立像(県指定)

10/21、22、11/3~5、18、19

春日神社

鯖江市有定町

泰澄が、横根山に千手観音を自刻して安置し、その残りの木で十一面観音菩薩を彫ったと伝わる。夢のお告げにより有定村の地にお堂を建てたとされる。 木造十一面観世音菩薩(市指定)

11/3、4

※要事前連絡

医王山薬師堂

鯖江市下新庄町

泰澄が霊地とされる三里山の頂上に帝釈天を安置し、その南麓に講堂を建てて薬師尊像を安置し、医王山帝釈寺と称したのが始まりとされる。 木造薬師如来坐像(市指定)

10/29のツアーでのみ公開

(お堂外からはいつでも拝顔可)

朽飯八幡神社

越前市朽飯町

泰澄が七堂伽藍を建立し、行基の刻まれた阿弥陀像を拝むと、毎朝、曼荼羅華が降るという不思議な現象があったことから、本尊を33年毎に開扉される定めとした。このことが神社の式年大祭の始まりとされる。

木造十王像(県指定)

 ほか

10/21~11/26の土日祝日

※要事前連絡

日野山十五社

越前市下平吹町

泰澄が開山したとされる日野山西麓の中平吹町にある十五社と呼ばれる一堂には、日野山周辺の信仰の古さを物語る古像などが伝わる。

木造大日如来坐像(市指定)

木造阿弥陀如来坐像(市指定)

10/21~10/29の土日

※要事前連絡

荒谷観音堂

(日野神社)

越前市荒谷町

泰澄が開いたとされる越前五山のひとつ、日野山の麓にある観音堂には、高さ170センチを超える観音像が安置されている。 木造聖観音菩薩立像(県指定) 10/28、11/4、18

※要事前連絡

樺八幡神社

福井市中手町

養老年間、泰澄が白山禅定の際、創建したと伝わる。木造阿弥陀如来坐像ほかの県指定文化財を有する。

木造阿弥陀如来坐像(県指定)

木造広目天立像(県指定)

木造多聞天立像(県指定)

 ほか

10/21~11/26の土日祝日

※要事前連絡

篠座神社

大野市篠座

泰澄が白山登拝前に、清水が湧き出る篠座の地で10日ほど過ごし、登拝後、空からのお告げを受けて、祠を建てたことが、篠座神社の始まりとされる。今でも、境内に湧き出る御霊泉は眼病に良い水として重宝されている。

御神影

 ほか

10/21~11/26の土日祝日

(10/22、11/11、12は非公開)

※要事前連絡

 

拝観料

 各寺社が定める拝観料が必要です。

 

泰澄・白山ゆかりの神仏 バスツアー 

取扱会社:公益社団法人福井県観光連盟(ツアー291) 【発着:JR福井駅】

    7/30(日) 泰澄大師の生まれから女神に出合うまでを知る旅

    8/12(日) 泰澄大師ゆかりの秘仏をめぐる旅~あわら市・坂井市~【満席】

    8/20(日) 越前馬場と加賀馬場の宝物殿特別公開をめぐる旅 【満席】

    10/9(月・祝) 高雄神社御開扉と福井市の秘仏ツアー

    11/12(日) 泰澄特別展と美濃馬場をめぐるバスツアー

 ツアー情報はこちらのHPに随時アップされます。→ http://www.fuku-e.com/230_tour/

 

取扱会社:一般社団法人越前町観光連盟  【発着:JR鯖江駅または織田文化歴史館】

    8/27(日) 泰澄大師気分で越知山に登ろう

    10/7(土) 泰澄大師ゆかりの地を巡る旅1(泰澄修行遍)

    10/9(月・祝) 泰澄大師ゆかりの地を巡る旅2(女神坐像遍)

    10/15(日) 泰澄大師ゆかりの地を巡る旅3(仏像遍)

    10/29(日) 泰澄大師ゆかりの地を巡る旅4(体験遍)

    11月3(金・祝) 泰澄大師ゆかりの地を巡る旅5(万灯会遍)

 ツアー情報はこちらのHPに随時アップされます。→ http://www.town-echizen.jp/experience/

 

特別巡回展「白山と泰澄」

 大画面4K映像と大型パネルで、越前の僧・泰澄が目指した「越のしらやま」を分かりやすく紹介します。

開催期間 会場 所在地
9/18(月・祝)~9/24(日) ハピリン(2階催事場) 福井市中央1-2-1
9/30(土)~10/9(月・祝) エンゼルランドふくい(2階センターエリア) 坂井市春江町東太郎丸3-1
10/15(日)~10/17(火) 金沢駅(観光案内所) 金沢市木ノ新保町1-1
10/21(土)~10/29(日) 敦賀駅交流施設オルパーク(ギャラリー) 敦賀市鉄輪町1-1-19
11/1(水)~11/16(木) 一乗谷朝倉氏遺跡(あさくらギャラリー) 福井市城戸ノ内町
11/18(土)~11/26(日) ショッピングシティベル(地域情報センター) 福井市花堂南2-16-1

 

ちらし表面 ちらし裏面

ちらし(表)

(PDF形式:1,215KB)

ちらし(裏)

(PDF形式:1,764KB)

 

特別展

 泰澄・白山信仰に関連した特別展を、各地で開催します。

会場 開催期間 特別展の名称
福井県立歴史博物館 10/21(土)~11/26(日) 特別展「泰澄~白山信仰における意義を探る~」
福井市立郷土歴史博物館 10/13(金)~12/3(日) 記念展「福井市の霊山 文殊山」
みくに龍翔館 10/28(土)~12/3(日) 特別展「豊原寺・東尋坊と白山へのまなざし」
越前町織田文化歴史館 10/7(土)~11/26(日) 企画展覧会「異人探究 泰澄十一の疑問」

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、bunshin@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

文化振興課

電話番号:0776-20-0580ファックス:0776-20-0661メール:bunshin@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)