平成29年度歴史遺産魅力創出支援事業 について

最終更新日 2017年3月8日ページID 035000

印刷

平成29年度歴史遺産魅力創出支援事業 について

1 事業の目的

  歴史遺産魅力創出支援事業補助金は、地域の核となる歴史資源の魅力を体感できるよう、歴史資源が持つ意義や

 時代背景など様々な観点から磨き上げ、“魅せる化”することにより観光誘客の拡大を図るとともに、これらの

 歴史資源を次世代に継承することを目的とした市町の取組みを支援するものです。

    ※ 詳細は、こちら 募集要項交付申請書等の様式

    ※「歴史資源」とは 

      地域の歴史文化施設をはじめ、先人や関係する人物ゆかりの地(記念碑のある場所等)、

     功績や生き方を伝える物語、関連する文化財(史跡・歴史資料)などをいいます。ただし、

     今回の事業に係る歴史資源は、幕末明治期のものとします。

    

2 補助対象事業者  県内市町  

3 補助対象となる事業の内容、補助率、補助額

  補助対象となる事業は、次の(1)および(2)とします。

  事業ごとの内容、事業ごとの補助率、補助額は次のとおりです。なお、補助額は、事業ごとの補助

 対象経費(下記4参照)合計額に補助率を乗じて算出した金額(千円未満切捨て)とし、それぞれの

 補助限度額を上限として県の予算の範囲内で決定します。

 

(1)誘客の核となる歴史資源を活用した歴史スポット(歴史文化施設または幕末明治期の

   先人たちに関係する場所)の整備事業(ハード)

      1. 補助対象となる事業の内容

     ア ゆかりの地等の案内板、歴史的背景や関係する人物の功績などを紹介する

       解説板等の整備

     イ ゆかりの地等に行き易くするための散策路、誘導看板等の整備

     ウ 歴史的に重要な出来事を裏付ける文化財のレプリカ制作

     エ 歴史文化施設の魅力アップにつなげるための展示環境の整備(幕末明治期

       の先人たちに関する特設コーナーの設置、展示物解説パネルの追加・変更等)

     オ その他、歴史資源を活用し、誘客に資すると認められるハード事業

   2. 補助率   予算の範囲内において補助対象経費の2分の1

            ※補助対象経費については、下記4(1)参照

   3. 補助限度額 1市町当たり1,000千円       

 

(2)誘客の核となる歴史資源の魅力を発信するための事業(ソフト)

   1. 補助対象となる事業の内容

    ア 幕末明治期の先人たちやゆかりの地等を紹介するホームページ、映像、パンフ

      レット等の制作

    イ 歴史資源の魅力を伝える解説者、案内ガイド等の人材育成およびゆかりの地等

      への配置

    ウ 歴史講演会、ワークショップ、シンポジウム等の開催

    エ ゆかりの地等を発着地点とするまち歩きツアーや当時の食が体験できる講座等

      の開催

    オ 幕末明治期の先人たちやゆかりの地にちなんだ土産品の試作

    カ その他、歴史資源を活用し、誘客に資すると認められるソフト事業

   2. 補助率   予算の範囲内において補助対象経費の2分の1

           ※補助対象経費については、下記4(2)参照

   3. 補助限度額 1市町当たり500千円

 

4 補助対象経費

  事業に要する経費のうち、補助対象経費は、次の(1)(2)ごとに設定していますので、

 募集要項を参照いてください。

(1)誘客のとなる歴史資源を活用した歴史スポット(歴史文化施設または幕末明治

   期の先人たちに関係する場所)の整備事業(ハード)

(2)誘客の核となる歴史資源の魅力を発信するための事業(ソフト)

 

 なお、次の経費については、補助対象外経費になります。

  ・申請市町職員に支払われる経費(謝礼、旅費等)、通常の事務で使用する消耗品等

   の経常的経費

  ・コンクール、公募に係る賞金、賞品代

  ・入場券販売手数料、支払振込手数料および印紙代

  ・飲食費、交際費

  ・有料販売する図録、土産物等の制作費(無料配布物、試作品等は可)

  ・展示品購入等の備品購入費

 

5 補助の対象となる事業の実施期間

  交付決定の日から事業終了まで(平成30年3月31日までに事業を終了すること)

 を事業の実施期間とします。

 

6 応募手続き、事業スケジュール等

(1) 募集期日  ※募集は終了しました。(※6月以降、二次募集を行う予定です。)

(2) 提出書類

   1. 応募書および応募総括表(別紙様式1

   2. 事業実施計画書(別紙様式2

   3. 収支予算書(別紙様式3

   4. その他参考となる書類、資料、過去の実績等のわかる新聞・雑誌の記事 等

(3)提出部数  1部 (提出された書類は返却しません。)

(4) 応募書類提出先

   福井県観光営業部文化振興課 文化施設活性化グループ

   (住所)〒910-8580 福井市大手3丁目17-1

   (TEL)0776-20-0580 (FAX)0776-20-0661

   (E-mail)bunshin@pref.fukui.lg.jp

 

7 補助対象事業の選定

  応募書類をもとに、活動内容、事業ごとの実施の実現性、期待される効果等を審査し

 て選定します。

  また、審査の過程で、詳しい事業内容等について聞き取りを行う場合があります。

 

8 選定後の手続き等

  選定結果通知書とあわせて、内定した事業について補助金交付申請書の様式を送付し

 ます。県の指定する期日までに交付申請書を提出してください。

  交付申請書等の様式

  補助金の交付決定後、事業を開始してください。なお、交付決定日前の着手済の事業

 に関する支出(見積発注、検収、納品、代金の支払等)は補助対象外となります。

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、bunshin@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

文化振興課

電話番号:0776-20-0580ファックス:0776-20-0661メール:bunshin@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)