「御食国・和食の祭典in若狭路2019」を開催します!!

最終更新日 2019年10月24日ページID 041551

印刷

 御食国・バナー                                

御食国・和食の祭典in若狭路2019 

 かつて本県とともに皇室や朝廷に食材を納め、「御食国」と呼ばれた兵庫県や三重県、都であった京都府と連携し、御食国

の食を味わい、学び、体験していただくイベント「御食国・和食の祭典in若狭路2019」を、10月25~27日の3日間、

小浜市において開催します。
 
 初日(25日)は、オープニングレセプションとして、メディアにも多数出演されている料理人の笠原将弘氏と4府県の代表者

によるトークディスカッションを開催。「御食国」の食の魅力や可能性を探ります。
 
 また、26、27日の2日間は、屋外にフードコートを設置し、一般の方々に4府県自慢の食や地酒を味わっていただきます。

何と言っても見どころは、この祭典初めての試みとして、笠原氏が「御食国」の食材を使った新メニューを実演披露するライブ感

あふれるトークショーです。

                           記

1 開催日
  令和元年10月25日(金)~27日(日)

2 場 所
  御食国若狭おばま食文化館、食文化館前広場、濱の四季(小浜市川崎)

3 内 容
 (1)25日(金)のイベント(関係者のみ)
    〇オープニングレセプション/16:00~18:00、食文化館前
      嶺南市町長や県議会議員、祭典関係者、メディア、旅行業者等の参加

     の下、料理人笠原将弘氏と各府県の食の関係者によるトークディスカッ

     ションを開催し、「御食国」の食の魅力や可能性を探ります。
      また、4府県選りすぐりのグルメを堪能していただきます。

 (2)26日(土)・27日(日)のイベント
         〇グランドオープンセレモニー
          /26日 9:45~10:00、食文化館玄関前
      同時開催される「OBAMA食のまつり」と合同で開催します。

    〇御食国を味わうフードコート等 詳細
          /両日 10:00~16:00、食文化館前広場、濱の四季
      小浜よっぱらいサバや淡路うに雑炊、志摩のあっぱっぱ貝焼きなど普
     段はそれぞれの地域でしか味わえない「御食国」の自慢の食や地酒が一
     同に会します。
     
    
    〇御食国を学ぶトークショー等  詳細
     ・料理人笠原将弘氏によるトークショー
          /26日 13:30~15:30、食文化館
       この祭典としては初めての試みで最大のみどころ。
       笠松氏が「御食国」の食材を使い新メニューを実演披露。キッチン
      を備えた会場ならではのライブ感あふれるトークショーです。
        ※定員200名。参加には当日配布する整理券が必要となります。

     ・御食国和食体験inキッチンスタジオ
          /27日 11:00~・12:30~・14:00~、食文化館
       京料理講座(日本料理アカデミー)や淡路の特産品を使った実演料
      理(淡路島の観光ホテル料理長)、「まごの店」料理講座(高校生レ
      ストラン「まごの店」)の3府県の一流の料理人を招き、各地域の食
      材を使った和食講座を開催します。一流の料理の技を学べます。
        ※定員各60名。参加には当日配布する整理券が必要となります。
           
    〇御食国和食の体験   詳細
          /両日 11:00~、食文化館および食文化館前広場
       北前船の時代から伝わる技「敦賀の手すきおばろ昆布かき」体験や京
      都老舗が培ってきた「和食」の命とも言える出汁の飲み比べ体験、「い
      ちほまれ」の新米の試食が楽しめます。
           
4 主 催
   御食国・和食の祭典in若狭路2019実行委員会
   (福井県、京都府、兵庫県、三重県)
   事務局 福井県交流文化部ブランド課(0776-20-0762)

5 協力・後援
   協 力 敦賀市、小浜市、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町、
      (一社)若狭湾観光連盟
   後 援 観光庁、(公社)福井県観光連盟、福井新聞社、NHK福井放送局、
       FBC、福井テレビ、FM福井

6 連携イベント 
   ・第16回OBAMA食のまつり
     (10月26日(土)・27日(日)、御食国若狭おばま食文化館前) 
   ・福井県立若狭歴史博物館特別展
    「海と山の美(うま)しもの~食がつなぐ若狭と都~」
     (10月5日(土)~11月4日(月・祝)) 
   ・レストラン列車「丹後くろまつ号」運行 
      (10月25日(金)・26日(土))

※「御食国・和食の祭典in若狭路2019」チラシはこちら  
 

御食国とは

 御食国とは、古代、都の天皇家の食料である御贄(みにえ)を納めた国で、若狭・志摩・淡路・

が挙げられます。特に若狭国は良質な産物を都があった京都や奈良へ届けてきました。

 北前船や鯖街道の拠点でもあり、御食国の中でも独自の食文化を誇る御食国若狭を

ご紹介します。

 

 ○日本海からの恵みで和食を支えた御食国(PDF)

 ○都に愛された"若狭もん” (PDF)

 ○若狭の創意工夫が育む伝統と革新の鯖料理(PDF)

 ○北前船が運んできた、和食の旨みの屋台骨(PDF)

 

 ※これらの内容は『あまから手帖2019年3月号』に掲載されたものです。

  

「御食国・和食の祭典」の過去の開催状況

 〇平成29年度 御食国・和食の祭典in淡路島(PDF)

 〇平成30年度 「御食国×京都」和食の祭典(PDF) 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、brand@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

ブランド課

電話番号:0776-20-0762ファックス:0776-20-0513メール:brand@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)