「幕末明治福井150年シンポジウム」を開催します!

最終更新日 2017年11月10日ページID 036969

印刷

 来年、平成30年は明治維新から150年の節目の年となります。幕末の福井藩には、第16代福井藩主である松平春嶽をはじめ、当時の日本を動かした先人が数多く存在します。今回、歴史家、加来耕三氏をお招きし、講演会を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

                   記
 

1 日 時 平成29年11月26日(日) 13:00~16:00

2 場 所 福井県立歴史博物館 講堂(福井市大宮2-19-15)

3 内 容 第1部 基調講演 『ニッポンの夜明けは福井から~幕末の名君、松平春嶽~』
          講師:加来 耕三 氏(歴史家・作家)

      第2部 シンポジウム 『史源を魅せる、活かす!~歴史を活かした人づくり、まちづくり~』
        パネラー:加来 耕三 氏(歴史家・作家)
             角鹿 尚計 氏(福井市立郷土歴史博物館長)
             佐々木 康男 氏(福井県観光連盟専務理事)
             後藤 ひろみ 氏(福井歴女の会代表)
    コーディネーター:谷川 有希乃 氏(フリーアナウンサー)

4 入場料 無料(要事前申込)

5 定 員 180人

6 主 催 福井県、幕末明治福井150年博実行委員会、福井信用金庫

7 申込方法 事務局(ブランド営業課内)あてメール・FAX・電話にて申込み
        電 話 0776-20-0762
        FAX 0776-20-0513
        メール brand@pref.fukui.lg.jp

 

【講 師】 加来 耕三(かく こうぞう)

 1958年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業後、学究生活を経て1984年に奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動を行なっている。『歴史研究』編集委員。内外情勢調査会講師。地方行財政調査会講師。中小企業大学校講師。政経懇話会講師。主著に『明治大学を創った三人の男』(時事通信社)、『坂本龍馬の正体』(講談社+α文庫)、『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)、コミック版日本の歴史シリーズ(監修・ポプラ社)など。

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、brand@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

ブランド営業課

電話番号:0776-20-0762ファックス:0776-20-0513メール:brand@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)