イノシシの生態と被害の防ぎ方 2/4

最終更新日 2016年4月1日ページID 005445

印刷
>イノシシの生態と被害の防ぎ方

 イノシシの生態1

よく活動する時間帯

  • 人目につかないところでは基本的に昼間に活動します。
  • 人里では、人間を避けるため、ほとんど夜間に活動します。

性格と行動パターン

  • きわめて警戒心が強く臆病な反面、安全な場所だと判断すると大胆な行動に出ます。
  • 音、光、匂いなどのおどしや忌避剤は、長期的には必ず慣れて、効果がなくなります。
  • 非常に賢く、6ヶ月前の出来事を記憶しています。

好む場所

  • 体温調節や寄生虫を落とすための泥遊びをします。水田は泥遊びに最適な場所となります。
     ⇒草が生い茂った耕作放棄水田は、安心して活動する場所になります。
     好みの場所 イノシシの食害とヌタウチの被害を受けた水田

抜群のジャンプ力

  • 成獣は最大120cmを飛び越えることができます。
  • 柵などの障害物を跳び越えるときは、周囲を警戒するため必ず立ち止まります。勢いをつけてジャンプすることはありません。

鳥獣害防止対策ホームページトップへ

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、chinou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

地域農業課

電話番号:0776-20-0446ファックス:0776-20-0651メール:chinou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)