農作業安全について

最終更新日 2018年2月28日ページID 034967

印刷

目次
春の農作業安全確認運動 new
日々の事故防止の取り組みのポイント new
農作業安全対策に取り組むためのツール new
農作業中の熱中症対策
秋の農作業安全確認運動 
関連ページ

春の農作業安全確認運動

春の農作業が行われる時期となりました。農作業は機械を使い危険を伴う作業であることを認識し、
今一度ご自身や組織等の農作業の安全について点検のうえ、事故防止に努めましょう。
特に、トラクター作業に関して下記対策を取り、死亡事故防止に努めましょう。
春の農作業安全チェックシートチラシ(PDF形式、140KB)

  • 作業環境を点検・改善しましょう
    移動経路やほ場の危険箇所を点検してマップを作成し、仲間と情報共有しましょう。
    危険箇所はポール等で目印をつけましょう。
    できるところから作業環境の改善を行いましょう。
  • トラクターの作業機の脱着手順を確認しましょう
    作業機の取扱説明書をすぐ読める場所に保管し、脱着手順を確認しましょう。
    十分なスペースがあり、水平で傾斜がなく、地盤がしっかりした場所で行いましょう。
  • 安全キャブ・フレームのあるトラクターを使用しましょう
    転倒したもののキャブ(キャビン)があったために助かった例もあります。
    シートベルト・ヘルメットの着用とセットで実施しましょう。
    ※これらがない車両、装着できない車両の使用時は、特に速度を控える、路肩を避けるなどより一層安全運転を行いましょう。
  • 安全フレームは必ず立てて使いましょう
    立てていないと肝心な時に身を守ってくれません!
  • シートベルトを着用しましょう
    運転席から投げ出され農機の下敷きになるのを防ぎましょう。
  • ヘルメットを着用しましょう
    他産業では着用は当たり前です。頭部強打による致命傷を防ぎましょう。
  • 低速車マーク▲を貼り付けましょう
    後続車に低速であることを知らせ、追突事故を防ぎましょう。
  • 道路走行前に必ず左右のブレーキペダルを連結しましょう
    急旋回による横転や道路からの転落事故を防ぎましょう。
    ほ場からの脱出前(昇降路に上がる前)に連結しましょう。
    (昇降路走行時に急旋回し横転、転落による事故あり)
    近年は片ブレーキ防止装置が装備されたトラクターが市販化されています。
  • 作業機はできるだけ下げて脱出しましょう
    昇降路を上がる際は前輪が浮くため、できるだけ作業機を下げましょう。

    なお、気温の上がる5月ごろからは、熱中症にも注意しましょう。

     

参考ページ

先頭に戻る

日々の事故防止の取り組みのポイント

日々の事故防止の取り組みについて、ポイントをまとめました。
点検などには、適宜チェックリストを活用しましょう。

組織・法人経営においては複数人で行う。個人経営においても内容によっては地域で集まるなどして複数人で行うことが望ましい。

1.

作業環境の点検を行い、できるところから改善する。
作業環境マップを作成することが望ましい(危険箇所を地図上に明示)。

○屋外:進入路や路肩の確認、くぼみや危険な坂・雑草による視界不良がないか等
○屋内:整理整頓、人の移動経路に危険はないか、高所から落ちる危険がないか等

2.

当日の作業前ミーティングで作業手順を確認するとともに、各作業について危険予知活動を行う。

☞ 危険予知活動

各作業で起こり得る危険を予測し、特に重要な危険についてはその回避策を考え、指差し呼称で確認する。複数人で作業する場合は、各自の考えを出し合う。

併せて作業員の服装、作業員の体調を確認する。

○ヘルメット等適切な保護具を着用しているか、巻き込まれやすい服装でないか等

3.

使用機械の始業前点検、作業後点検を行う。

4.

作業後ミーティングで、作業の問題点やヒヤリ・ハットを報告し合い、作業日誌とともに記録する。

☞ ヒヤリ・ハット

作業の中でヒヤッとまたはハッとしたこと。軽微なものでも、場合によっては重大事故に直結する危険が潜んでいる。

5.

4.の結果を1.~3.の取組に反映する。

6.

1か月に1回程度、これらの事故防止の取組結果と改善状況について総括する。

※労働者を雇用する事業者については労働安全衛生法の適用を受け、労働者への安全衛生教育 、労働者の健康配慮、労働災害報告など様々な義務および配慮義務がある。

参考資料
「農作業安全の手順1.2.3~農作業事故を未然に防ぐ~」(一般社団法人日本農村医学会)新しいウィンドウで開く
「農作業安全リスクカルテ解説書」(一般社団法人日本農業機械化協会)新しいウィンドウで開く
 

先頭に戻る

農作業安全対策に取り組むためのツール(リンク)

参考資料:「農作業安全の手順1.2.3~農作業事故を未然に防ぐ~」(一般社団法人日本農村医学会)新しいウィンドウで開く

第4章より、「チェックリスト」

  • チェックリストには環境機械(機具)という3つの分類の「要因」が示されています。チェックの順番としては、まず環境についてチェックを行い、次に機械(機具)の順にチェックしましょう。
    ※リスクアセスメントの考え方です。詳細は上記資料の第2章を参照してください。
  • 「ちがう」に当てはまるものが多いほど、危険が高いことを示します。すべての項目で「ちがう」にチェックが入らないことを目指しましょう
  • 例えば、耕種作業であっても二階の作業がある場合は4.畜産作業のチェックリストを使用するなど、適宜必要なチェックリストを選択しましょう。

※外部リンクのPDFファイルへ直接ジャンプします。

  1. 考え方(PDF : 1,113KB)  …チェックリストの考え方・使い方、トラクター道路走行のチェックリスト
  2. 耕種作業(PDF : 1,423KB)  …トラクター耕起、田植、動散、水管理、収穫、籾搬送・荷受け、乾燥調製、米袋など重量物運搬
  3. 園芸作業(PDF : 1,665KB)  …スピードスプレーヤ作業、脚立作業、トラクター道路走行・コンテナけん引、刈払機作業、ブームスプレーヤ農薬散布、耕耘機作業、掘取機作業
  4. 畜産作業(PDF : 349KB)  …搾乳、牛の移動、傾斜地トラクター走行、畜舎内脚立作業、畜舎内はしご作業、二階での作業
  5. 全般(PDF : 803KB) …作業前点検や服装など、基本的な共通事項について
     

第5章より、「ヒヤリハット日誌」の例

ヒヤリ・ハットとは、「危うく事故になるところだった」「一歩間違えば怪我をしていた」といったヒヤッとした、ハッとした経験のことです。ヒヤリ・ハットを記録し、ヒヤリ・ハットが生じることの無いように対策を取ることで、重大な事故を防ぐ対策となります。また、自分だけでなく家族や仲間にも記録してもらうことで、経験を収集・共有し、より多くの危険の芽を見つけ出すことができます。作業日誌と合わせて記録しておくのも一例です。 

ヒヤリハット日誌(PDF : 286KB)   ※外部リンク先のPDFファイルへ直接ジャンプします。

(こちらにも別の例が掲載されています。)
参考資料:「農作業安全リスクカルテ解説書」(一般社団法人日本農業機械化協会)新しいウィンドウで開く
農作業安全「リスクカルテ」解説書
〔分割版2〕(PDF:9,948KB)  ※外部リンク先のPDFファイルへ直接ジャンプします。
「3.農作業安全活動の進め方」の3)のカ)「ヒヤリ・ハット体験、事故を調査」(PDFの24ページ目)を参照してください。  

先頭に戻る

農作業中の熱中症対策

近年の夏の猛暑により、県内においても毎年、熱中症による救急搬送車が報告されるなど、熱中症による健康被害が増加する傾向にあります。
屋外や、ハウスなど気温が上昇しやすい施設内で行うことの多い農作業についても、熱中症のリスクが高い作業です。
熱中症のマニュアルなどを参考にし、適切に予防しましょう。

夏の農作業で気をつけること

  • 日中の気温の高い時間帯を外して作業を行いましょう
    特に70歳以上の方は、高温時の作業は極力避けましょう。
    日中のシャベルを使った作業や草刈りは避けましょう。
  • こまめな休憩、水分補給を行いましょう
    のどが渇いていなくても20分おきに休憩し、毎回コップ1~2杯をめやすに水分補給しましょう。
    足がつったり筋肉がぴくぴくする症状がみられたら、0.1~0.2%程度の食塩水(1リットルの水に1~2グラムの食塩)か、スポーツ飲料を飲みましょう。
    休憩時は作業着を脱ぎ、手足を露出して体温を下げましょう。
    木陰などの涼しい休憩場所を必ず確保しておきましょう。
  • 熱中症予防グッズを活用しましょう
    屋外では帽子をかぶり、吸汗速乾性素材の衣服やファン付きの作業着、屋内では送風機やスポットクーラーなどを活用しましょう。
  • 単独作業を避けましょう
    作業は2人以上で行うか、時間を決めてお茶を運び合うなど、定期的に異常がないか確認し合うようにしましょう。
  • 高温多湿の環境を避けましょう
    作業場所には、日よけを設けるなど、できるだけ日陰で作業するようにしましょう。
    ハウス等の施設内では、断熱材を使用したり、風通しを良くするなどして気温や湿度が高くなりすぎないようにしましょう。

熱中症が疑われたら

  • 暑い環境での体調不良の症状がみられたら、すぐに作業を中断しましょう
    熱中症には特徴的な症状がなく、暑い環境での体調不良は全て熱中症の可能性があります
  • 応急処置を行いましょう
    1.涼しい環境へ避難しましょう。
    2.服をゆるめて風通しを良くしましょう。
    3.水をかけたり、扇いだりして体を冷やしましょう。脇の下、両側の首筋、足の付け根を冷やすと効果的です。
    4.水分・塩分を補給しましょう。
  • 病院で手当を受けましょう
    意識がない場合、自力で水が飲めない場合、応急処置を行っても症状が良くならない場合は、すぐに病院で手当を受けるようにしてください。

参考ページ


先頭に戻る

秋の農作業安全確認運動

収穫作業の最盛期となる9月から10月にかけて全国的に農作業安全確認運動が展開されています。
組織や地域で声をかけ合って事故防止に努めましょう。

  • 一人一人の安全意識と周囲からの「声かけ」により農作業の事故防止に努めましょう。声かけには積極的に啓発資料を活用しましょう。
  • 特に収穫や秋起こしで使用する農業用機械(コンバイン、トラクター等)については、今一度機械作業における危険性を認識しましょう。
  • 特に乗用トラクターでは、シートベルトとヘルメットの着用を実施しましょう。
    安全フレームは使用中は必ず立てて使いましょう
  • ほ場の進入路などの周辺環境の危険箇所を点検し、危険箇所にポールを立てるなど”危険箇所の見える化”を実施し、転落事故を防ぎましょう。
  • 一人作業においては、万が一事故が発生した際の発見の遅れが、重症化あるいは死亡事故につながる恐れが高いため、できる限り複数人の作業体制をとるようにしましょう。
  • 特にコンバインでは、多くの死角があることを意識し、死角に人がいないか十分に確認を行ってから機械を動かしましょう。
  • 点検整備やコンバインの手こぎ作業など、機械の内部や刃に手を触れなければならない時は、必ずエンジンを切りましょう
  • 日没が日ごとに早くなり視認性が悪くなります。道路走行時の後ろからの追突事故を防ぐため、低速車マークが取り付けられているか確認しましょう。

啓発資料の作成例
コンバインの事故事例と対策(PDF形式、267KB)
トラクターの事故事例と対策(PDF形式、291KB)
農作業安全「リスクカルテ」(農林水産省)新しいウィンドウで開く を使用して作成した資料です。
 

先頭に戻る

関連ページ

先頭に戻る

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、seisan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生産振興課経営体育成・指導グループ

電話番号:0776-20-0427ファックス:0776-20-0650メール:seisan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)