若狭牛の放牧について

最終更新日 2014年4月11日ページID 001837

印刷

若狭牛の放牧―獣害対策および遊休農地活用のため若狭牛の放牧を行っています―
 

 ○遊休地の草刈りで困っていませんか?
 ○イノシシなどの被害に困っていませんか?
 ○地域で遊休農地の活用に困っていませんか?
 ○牛を飼ってみたいと思いませんか?


 若狭牛の放牧風景

各地区の放牧の取組            放牧実施状況地図            
  •    若狭牛放牧のメリットは
  •    ・牛が草刈りをしてくれます。
        (景観保全や子どもの情繰教育にも役立ちます。)
  •    ・イノシシやシカ、クマなどの獣害対策にも有効です。
  •    ・調整水田に牧草の種を播いて放牧利用すれば、助成金等の対象にもなります。
  •    ・地域などで若狭牛(母牛)を飼えば、子牛販売の収入を得ることができます。  
  •    ・放牧期間中の牛の管理は、ほとんど手間がかかりません。

 

地図をクリックすると拡大表示されます。

 放牧地の周囲には電気牧柵もしくは有刺鉄線が張ってありますので、見学される場合は注意してください!

 放牧に関するお問い合わせは、県庁生産振興課あるいはお近くの県農林総合事務所等にお願いします。

福井農林総合事務所 〒910-8555 福井市松本3丁目16-10 0776-21-0010
坂井農林総合事務所 〒913-8511 坂井市三国町水居17-45 0776-82-2800
奥越農林総合事務所 〒912-0016 大野市友江11-10 0779-65-1280
丹南農林総合事務所
丹生分庁舎
〒915-0882 越前市上太田町41-5
〒916-0147 越前町朝日内郡14-36
0778-23-4545
0778-34-1790
嶺南振興局二州農林部 〒914-0811 敦賀市中央町1丁目7-42 0770-22-0290
嶺南振興局農業経営支援部 〒917-0297 小浜市遠敷1丁目-101 0770-56-2211

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、seisan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生産振興課

電話番号:0776-20-0427ファックス:0776-20-0650メール:seisan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)