第2回福井県地産地消率状況調査の結果について

最終更新日 2009年4月13日ページID 017406

印刷

 県では、地産地消を把握する取組みとして、平成21年度に第1回福井県地産地消率状況調査を実施し、全国で初めて県内全域を対象に地産地消率を算定したところですが、前回からの推移や現在の本県の地産地消の状況を把握するため、平成23年度に第2回調査を実施し、その結果を下記のとおり取りまとめました。

調査概要

調査対象

   ・一般世帯        2,045世帯(うち有効回答1,396世帯)
   ・流通・加工事業者    569事業者(うち有効回答 255事業者)
   ・飲食店・病院福祉施設 645事業者(うち有効回答 255事業者)

主な調査項目

  ・一般世帯における消費食材の種類、重量、産地の別
  ・農業(家庭菜園)に関するアンケート
  ・食生活に関するアンケート
  ・事業者における農林水産物の仕入量、販売(出荷)量、産地の別

調査期間

  平成23年11月~12月

主な特徴

 ・第1回調査時(2年前)に比べ、地産地消を進める世帯が増加
 ・食事は、食材を購入(入手)し、家庭で調理することが多い
 ・家庭菜園が盛んに行われている
 ・家庭菜園では、耕作面積は所有面積のおよそ2倍
 ・各流通業態別では、市場や量販店の県産農林水産物の取扱割合が低い

調査結果

 平成23年度福井県地産地消率状況調査結果(要約版)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shokusan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

食料産業振興課

電話番号:0776-20-0417ファックス:0776-20-0649メール:shokusan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)