県税の滞納整理の方針について

最終更新日 2016年3月18日ページID 031726

印刷

福井県税事務所では、次の方針に基づき滞納整理を推進しています。
 

 滞納整理の基本方針

 皆さんの暮らしを良くするための財源としての県税収入を確保することと、厳しい経済環境の中でも納期内に納付をされている多くの県民の皆様との負担の公平性を確保することという2つの観点から滞納整理を強化しています。
 本税はもちろん延滞金についても、納期内に納めていただいている納税者との公平性を欠かないよう、必ず納付いただくこととなっています。


 

 滞納に対する法律の定め

 地方税法では、税負担の公平性を期するために、督促状を発してから10日を経過しても納付されない時には、滞納者の財産を差し押えなければならないと規定しています。
 また、国税徴収法では、県(徴税吏員)が滞納処分のため滞納者の財産を調査する必要があるときは、必要と認められる範囲内において、関係者に質問や検査をすること、更には捜索の権限も与えられています。


 

 差押の執行

   納税をしていただけない場合には、法律に基づき財産(預貯金、給与、不動産、生命保険、売掛金等)を差し押さえることとなります。福井県税事務所では年間1,000件内外の差押を実施しています。 差押を受けますと、第三債務者(金融機関、勤務先、取引先等)からの信用を損ねることになりかねませんので、差押を受けることのないよう納期内一括納付をしてください。


 

 一括納付が困難な場合

   税金は、納期内一括納付が大原則です。しかし、事情(災害、病気、失業等)のある納税者が、どうしても一括納付できない場合は、滞納となった税金を分割して納付できるなどの制度がありますので、福井県税事務所 納税課(0776-21-0011~0015)または嶺南振興局税務部 管理納税課(0770-56-2222)まで早めに相談してください。


 

 納期内納付のお願い

 皆さんの大部分の方が納期内の納付をしています。それぞれ事情はあるかと思いますが、まず期限内の納付を優先にお考えください。差押を受けることなく、期限内の自主納付が増えることを願っています。


 

 滞納処分の流れ

(自動車税定期賦課の場合)
 毎年5月末納期限の自動車税で、納期限内に納付がない場合、7月20日頃に督促状を発して10日を経過しても納付されない時には、財産調査後、財産が判明した滞納者から順に差押を実施します。 


 

 換価猶予について

   税金を納めようとする誠実な意思をもっていながら、一時に納付できない事情(事業継続困難・生活維持困難等)があり、少額滞納の場合は、財産の差押や担保の提供を求めることなく猶予(滞納処分の一時停止)することができます。
 ただし、猶予期間は原則1年を超えることができません。
 
 

お問い合わせ先

 福井県税事務所   納税課 ( 0776- 21-0011~0015 )


 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、fu-zei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

福井県税事務所

電話番号:0776-21-0020ファックス:0776-21-8260メール:fu-zei@pref.fukui.lg.jp

〒910-8555 福井市松本3丁目16-10(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)